カラシニコフ社の発表を受け、露エアソフト製造NPO AEGが新作電動ガン「AK-12」の販売活動を全面停止か

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)

Photo from NPO AEG
ロシア最大のソーシャルメディアであるヴェーカー(VK)内各所の情報によると、同国内エアソフトメーカーのNPO AEGが、新作電動エアソフトとして発表していた「AK-12(АК-12)」の販売活動を取り止めていたことが分かった。

関連記事:
カラシニコフ社がフランス大手エアソフト企業サイバーガン社を商標権侵害で提訴。ロシア国営通信が報じる
カラシニコフ社(Kalashnikov Concern)による知的財産権の主張がその背景にあり、VK内チャンネルの中には、「カラシニコフ社の発表以来、同社はAK-12プロジェクト(AEGAC-12-15)における全ての活動を停止する決定に至った」「プロジェクトは無期限停止だ(再開の目途が立っていない)」とする記事が確認できる。

関連記事:
カラシニコフ社が商標権の侵害で国内のエアソフトショップに賠償請求の書簡を送付

こうした動きから、NPO AEGはカラシニコフ社から正規のライセンスを得ていなかったことが窺える。

そして、いち早くNPO AEG製AK-12の取り扱いを開始した香港のレッドウルフエアソフトでは、今回の件が影響したものかは不明ながらも、現在「アウトオブストック(在庫切れ)」表記となっている。なお、2月10日の時点で、NPO AEG社はレッドウルフエアソフトへ製品が到着したことを明かしている。

関連記事:
ロシアメーカーNPO AEGから「AK-12」電動エアソフトの販売が開始に

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
人気のスズキ・ジムニーにGクラスとディフェンダーをイメージしたエアロパーツがリリース
Mafioso AirsoftがフルメタルのガスブローバックM1928A1トンプソンを開発中
多数の新製品が登場!『東京マルイフェスティバル』5thが開催
ブラックライフルコーヒーのトヨタ・プリウスは『M61バルカン』で武装。1分間の発射で弾代は2,000万円也
フランス大手エアソフト関連企業『サイバーガン』が内務省認可を取得し「実銃製造」事業者へ。株価が高騰
第88回『ビクトリーショー』が開催
 人気のスズキ・ジムニーにGクラスとディフェンダーをイメージしたエアロパーツがリリース (2018-11-21 12:42)
 Mafioso AirsoftがフルメタルのガスブローバックM1928A1トンプソンを開発中 (2018-11-19 14:14)
 多数の新製品が登場!『東京マルイフェスティバル』5thが開催 (2018-11-19 13:43)
 ブラックライフルコーヒーのトヨタ・プリウスは『M61バルカン』で武装。1分間の発射で弾代は2,000万円也 (2018-11-16 12:22)
 フランス大手エアソフト関連企業『サイバーガン』が内務省認可を取得し「実銃製造」事業者へ。株価が高騰 (2018-11-14 13:11)
 第88回『ビクトリーショー』が開催 (2018-11-05 18:39)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop