実録ロシア版ターミネーター、ヒト型ロボット「ヒョードル」の二挺拳銃撃ち映像

海外軍事 ミリタリー模型・フィギュア Comments(0)
実録ロシア版ターミネーター、ヒト型ロボット「ヒョードル」の二挺拳銃撃ち映像
ロシアの技術企業が軍事研究機関と協力して、二挺拳銃持ちでの攻撃を可能としたヒト型キラーロボットの実動映像を公開した。(該当の映像は1分2秒から)

関連記事:
ロシアで研究中のレスキューロボット「ヒョードル」が芸達者で多機能

映像はドミトリー・ロゴージン (Dmitry Rogozin) 連邦政府副首相が14日に公式ツイッターで紹介したことで、現在までに各国の情報サイトに紹介され話題となっている。
「ヒョードル(FEDOR)」と呼ばれるこのロボットは、ロシア初の人型ロボットを目指して開発が進められている。元々は「レスキューロボット」として開発が進められているが、将来的には宇宙へ送り込む計画で、都市環境での自律的な活動の他、道具の利用、車輌の運転など、様々な動作の実現を目指している。

なお、ヒョードルは「Final Experimental Demonstration Object Research」の頭文字が充てられたもので、日本語表記では「最終実験実証物体研究」と訳されている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
USマーシャルの特殊作戦グループがSTI社のハイキャパシティオートを制式拳銃に採用
米シークレットサービスが第5世代グロック19を新たに制式拳銃として採用
米空軍が戦闘機パイロットの前立腺ガン罹患率を調査
僅か50ミリ秒で獲物の動きに反応して95%の確率で狩りを成功させる『トンボ』から学ぶ新型ミサイルの研究
ハイスピードギア社がH&K社の分隊選抜射手小銃(SDMR)契約の一環で「TACO」ポーチ×3万個を供給
米国防総省が非殺傷兵器としてレーザー光で生成する「しゃべる人魂」を開発中
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 USマーシャルの特殊作戦グループがSTI社のハイキャパシティオートを制式拳銃に採用 (2019-08-20 11:00)
 米シークレットサービスが第5世代グロック19を新たに制式拳銃として採用 (2019-08-09 12:34)
 米空軍が戦闘機パイロットの前立腺ガン罹患率を調査 (2019-08-08 14:59)
 僅か50ミリ秒で獲物の動きに反応して95%の確率で狩りを成功させる『トンボ』から学ぶ新型ミサイルの研究 (2019-08-08 14:41)
 ハイスピードギア社がH&K社の分隊選抜射手小銃(SDMR)契約の一環で「TACO」ポーチ×3万個を供給 (2019-08-06 17:34)
 米国防総省が非殺傷兵器としてレーザー光で生成する「しゃべる人魂」を開発中 (2019-08-05 19:15)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop