NEWS

「ロシア陸軍はカラシニコフ小銃用5.45mm弾薬を諦めるかもしれない」国防省の研究機関が報告

海外軍事 Comments(0)
「ロシア陸軍はカラシニコフ小銃用5.45mm弾薬を諦めるかもしれない」国防省の研究機関が報告
Photo from Kalashnikov Concern
ロシア国防省の第3中央研究所が『2018年度版、我が軍の為のミサイル・火砲技術規定』を発表し、その中で「陸軍はカラシニコフ小銃に向けた5.45mm弾薬を諦める可能性がある」と記載していたことが分かった。
報告書では「中距離以上の射程において、個人の防護装備を貫通する効果が不十分だ」と指摘。現行の5.45/7.62mm弾薬を使用する小銃システムから5.45mm弾薬が脱落し、7.62mm弾薬とその火器の性能特性を近代化することに焦点が当たることを示唆している。

関連記事:
ロシア国防省がカラシニコフ・コンツェルンのAK-12とAK-15自動小銃を制式採用
ロシア軍次期自動小銃は「AK-12とAEK-971を両方採用」副首相がコメント

Source: Russian Army may give up 5.45mm rounds for Kalashnikov assault rifles

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米シークレットサービスが第5世代グロック19を新たに制式拳銃として採用
米空軍が戦闘機パイロットの前立腺ガン罹患率を調査
僅か50ミリ秒で獲物の動きに反応して95%の確率で狩りを成功させる『トンボ』から学ぶ新型ミサイルの研究
ハイスピードギア社がH&K社の分隊選抜射手小銃(SDMR)契約の一環で「TACO」ポーチ×3万個を供給
米国防総省が非殺傷兵器としてレーザー光で生成する「しゃべる人魂」を開発中
米軍の次世代分隊火器向け電子補正式照準器はAIによる顔認識技術で敵味方を識別する
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米シークレットサービスが第5世代グロック19を新たに制式拳銃として採用 (2019-08-09 12:34)
 米空軍が戦闘機パイロットの前立腺ガン罹患率を調査 (2019-08-08 14:59)
 僅か50ミリ秒で獲物の動きに反応して95%の確率で狩りを成功させる『トンボ』から学ぶ新型ミサイルの研究 (2019-08-08 14:41)
 ハイスピードギア社がH&K社の分隊選抜射手小銃(SDMR)契約の一環で「TACO」ポーチ×3万個を供給 (2019-08-06 17:34)
 米国防総省が非殺傷兵器としてレーザー光で生成する「しゃべる人魂」を開発中 (2019-08-05 19:15)
 米軍の次世代分隊火器向け電子補正式照準器はAIによる顔認識技術で敵味方を識別する (2019-08-02 18:17)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop