NEWS

アメリカ陸軍次世代型軍用ヘリの候補にシコルスキー・ボーイング社のSB>1デファイアントが選定

海外軍事 Comments(0)
アメリカ陸軍次世代型軍用ヘリの候補にシコルスキー・ボーイング社のSB1デファイアントが選定
Photo by Lockheed Martin


アメリカ軍が、現行のUH-60ブラックホーク汎用ヘリコプター、そしてAH-64アパッチ攻撃ヘリの後継として開発を進めているFLRAA(次世代長距離攻撃ヘリ)プログラムについて、ベル社のV-280に続きシコルスキー・ボーイング社のSB>1デファイアントもCD-RRプロセスに進むこととなった。

SB1 Defiant Reaches 130 kts and Retracts Gear - YouTube



CD-RR(技術コンペとリスク評価)は国防総省による評価フェーズで、仕様の絞り込みと本採用に向けた比較評価が行われる。

SB>1は実験機によるJMR-TD(技術概念を実証するフェーズ)にあったが、その初飛行がローターの製造過程の問題が発見されたことなどによって、2017年から2019年にずれこむなど、計画はやや遅延している。
関連記事:
ロッキード・マーチンが次世代型軍用ヘリ「SB>1デファイアント」のCGアニメーションを公開 - ミリブロNews

先だってCD-RRにコマを進めていたベル社のV-280はJMR-TDフェーズにおいて2年ほど先行し、約160時間の飛行を済ませている。SB>1はこの遅れを取り戻すべく、かなり急いでCD-RRプロセスに入ることになったようだ。

参考記事:
米陸軍「UH-60ブラックホーク」の潜在的後継機、最新鋭ティルトローター機『V-280バロー』の組立が完了 - ミリブロNews

アメリカ陸軍も20年度予算に7600万ドル(約82億円)を計上し、開発の遅れを取り戻したい構え。候補は2年後をメドに絞られ、2030年には配備が始まる見通しとなる。

参考記事:
ボーイング社 米陸軍と開発中の次世代偵察攻撃ヘリ「FARA」の動画を公開 - ミリブロNews

Text: Chaka (@dna_chaka)
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント
米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定
インド軍 イスラエルIWI社からネゲヴ軽機関銃約1万6千丁を購入する契約を締結
ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争中にシボレー・カマロを駆って支援物資を届け続けた元特殊部隊員がいる
アメリカ国防総省 テレワーク職員の増加によってネットワークに前代未聞の負荷
米・ヴァーモント州警察がシグ社のM400 Pro自動小銃を制式採用
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント (2020-03-30 15:41)
 米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定 (2020-03-25 21:08)
 インド軍 イスラエルIWI社からネゲヴ軽機関銃約1万6千丁を購入する契約を締結 (2020-03-24 18:13)
 ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争中にシボレー・カマロを駆って支援物資を届け続けた元特殊部隊員がいる (2020-03-18 22:17)
 アメリカ国防総省 テレワーク職員の増加によってネットワークに前代未聞の負荷 (2020-03-17 17:21)
 米・ヴァーモント州警察がシグ社のM400 Pro自動小銃を制式採用 (2020-03-16 21:07)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop