NEWS

「肩撃ち式火器」は射手の脳にダメージを与え、認知障害を引き起こす

海外軍事 Comments(0)
「肩撃ち式火器」は射手の脳にダメージを与え、認知障害を引き起こす
Photo from U.S. Department of Defense (DoD)
Representational photo.
ワシントンのシンクタンク、『新アメリカ安全保障センター(CNAS: Center for a New American Security)』が、「AT4」や「カールグスタフ(Carl Gustaf)」に代表される『肩撃ち式の火器(Shoulder-Fired Weapons)』を使った際、「生み出された圧力波によって射手の脳が傷付けられ、強いては認知障害を引き起こす」とし、その対策強化に乗り出すべしとする報告書をまとめた。
国防総省の調査によると、「外傷性脳損傷(TBI: Traumatic Brain Injury)」により、言語野や空間記憶力での認知障害を患う傾向にあるという。また、こうした火器の使用を続けることで、脳震盪を患うまたはその予備群となる可能性が高まる結果が出ている。これらの危険性は、たとえ訓練中であったとしても十分に可能性が残るものだと警鐘を鳴らしている。

関連記事:
米国防総省が「ブラストゲイジは一貫性・信頼性に欠ける」としてお役御免に

「肩撃ち式火器」は射手の脳にダメージを与え、認知障害を引き起こす
Photo from Center for a New American Security (CNAS)
CNASによると、現在のところ陸軍ではこうした肩撃ち式火器に起因する脳損傷への対策は打ち出されていないとのことで、例えばヘルメットにおいては軽量化と防弾性、統合性による機能拡張の追求などがテーマとなっている。一方で、コンピューターを使った物理的な実験結果では、ヘルメットの材料や形状、機能性を改良することで、脳へのダメージを最大80%軽減できる結果が出ているとのこと。

こうした結果を踏まえて、既存ヘルメット(ACH: Advanced Combat Helmet)および次世代装備の統合頭部防護システム(IHPS: Integrated Head Protection System)においても反映されるべきだとしている。

関連記事:
米陸軍がセラダイン社と『統合頭部防護システム(IHPS)』の追加供給契約

Source: Protecting Warfighters from Blast Injury

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ARA社がHUDと拡張現実(AR)を使った最先端システム『ARC4』をSOFICで紹介
MARSOC新プロモーション映像の製作主要事業者にコロニアル・システムズ社が選定
SOFIC 2019で統合化された戦術強襲用軽量オペレータースーツ(TALOS)計画のプロトタイプが紹介
四眼ナイトビジョン「GPNVG」の次世代モデルが『五眼』に?!サーマル、拡張現実(AR)、無線通信に対応
インドが迅速手続の下で国産『INSAS LMG』リプレイスのためブルガリア、イスラエル、韓国に調査団を派遣
エストニア軍の新制式小銃コンペでSIGが追加抗告を断念。LMT製品に遠隔武器管理システムが搭載へ
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ARA社がHUDと拡張現実(AR)を使った最先端システム『ARC4』をSOFICで紹介 (2019-05-24 13:32)
 MARSOC新プロモーション映像の製作主要事業者にコロニアル・システムズ社が選定 (2019-05-23 12:11)
 SOFIC 2019で統合化された戦術強襲用軽量オペレータースーツ(TALOS)計画のプロトタイプが紹介 (2019-05-22 19:35)
 四眼ナイトビジョン「GPNVG」の次世代モデルが『五眼』に?!サーマル、拡張現実(AR)、無線通信に対応 (2019-05-22 14:40)
 インドが迅速手続の下で国産『INSAS LMG』リプレイスのためブルガリア、イスラエル、韓国に調査団を派遣 (2019-05-22 13:12)
 エストニア軍の新制式小銃コンペでSIGが追加抗告を断念。LMT製品に遠隔武器管理システムが搭載へ (2019-05-20 15:23)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop