NEWS

ヘッドセットをなくして「奥歯」で通話認識。米空軍向けソニトゥス社の『モウラー・マイク』開発契約が継続に

海外軍事 Comments(0)

Photo from Sonitus Technologies
米国防総省が「ソニトゥス・テクノロジーズ(Sonitus Technologies)」社との間で、空軍向け「ATAC」個人通信システムのフェイズII開発契約を交わしたことが分かった。契約は「国防革新ユニット (DIUx: Defense Innovation Unit Experimental) 」を通じておこなわれ、数百万ドル規模・複数年に渡るものとなっている。

国防総省は、それまで国防分野との関わりを持たなかった情報技術 (IT) 関連の企業に近付き、革新的な技術の獲得や優秀な人材の確保を狙った出先機関としてDIUを設置している。

Photo from Sonitus Technologies
ATACは、空軍の間で『モウラー・マイク(Molar Mic)……奥歯のマイク』として知られるシステム。特許取得済の音響インターフェースと近傍磁界誘導(NFMI: Near-Field Magnetic Induction)技術を使用し、頭部に取り付けていた従来型ヘッドセットを不要とし、外部ノイズを遮断しながらも、発話と聞き取りの両方を歯と顎を使って実現するというもの。

カリフォルニア州マウンテンビューのモフェット飛行場で、空軍州兵の第131救難飛行隊のPJらが、この試作モデルを使った初期試験に参加している。また、2017年8月に米国を襲った大型ハリケーン「ハービー(Hurricane Harvey)」では、ヒューストンでおこなわれた救難任務の際に試作モデルが利用されている。この時、負傷した民間人をヘリコプターでホイストする際に、パイロットや飛行エンジニアとの通信が明瞭な音声でおこなえたとしている。

頭部・顔面での煩わしい装備がなくなることで別装備の拡張に期待できる一方、兵士の快適性を高めながらも明瞭な通信性を確保でき、状況認識能力の向上にも繋がることから実戦配備に向けた今後の開発に期待が寄せられている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
アラブ首長国連邦(UAE)に雇われた米国の「傭兵」企業がイエメンで政敵排除に直接介入
「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に
レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 アラブ首長国連邦(UAE)に雇われた米国の「傭兵」企業がイエメンで政敵排除に直接介入 (2018-10-19 16:11)
 「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に (2018-10-16 16:15)
 レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中 (2018-10-16 12:18)
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop