カラシニコフ社による公式ライセンスを受けた「初」のオンラインゲーム『キャリバー(Caliber)』が登場

海外軍事 ビデオゲーム Comments(0)
ロシア最大の銃器メーカーであるカラシニコフ社(Kalashnikov Concern)による公式ライセンスを受けた「初」のオンラインゲームが登場する。
「キャリバー(Caliber)」と名付けられたこのオンラインシューティングゲームは、モスクワに本社を置くソフトウェアデベロッパー/パブリッシャーの「1Cゲーミング・スタジオ(1C Gaming Studios)」と、「ワールドオブタンクス(WoT: World of Tanks)」などで知られる「ウォーゲーミング(Wargaming)」が開発を担当している。

Photo from Kalashnikov Media
これまでもいくつかのゲームでカラシニコフの銃器が登場していたが、今回はメーカー公式による「お墨付き」の完全再現によってデザイン化。開発者は「発射レートや弾薬数、発砲音のデジタル収音はもちろん、細部の細部まで調整している」と語っている。また、ゲーム監修をおこなったカラシニコフ社のマーケティング部門ナンバーツーであるウラジミール・ドミトリエフ(Vladimir Dmitriev)氏は、同社製品が忠実に再現され、尚且つ正規に使用されていることの重要性に言及している。

関連記事:
カラシニコフ社がエアソフト界に本格参入を正式発表。製品の外観にも知財権適用を主張し各業界との交渉を開始か


Photo from Kalashnikov Media
ゲームでは特殊部隊となったプレイヤー×4名のキャラクターが戦場で激しくバトルを繰り広げるというもの。現在のところ、お膝元のロシアをはじめ、アメリカ、ドイツ、ポーランド、ベラルーシの軍特殊部隊の装備が用意されている。銃火器はAK-74M、AKS-74U、AKM、PKP、RPK-74、PP-19 Vityaz、PB、PM、PY、PL-15、SVD、SVD-S、GP-25が既にラインナップされており、将来的には、RPK-16、AK-12、SV-98、AM-17、AMB-17などが追加される予定。

開発は2016年から始まっており、今年8月にはモスクワ近郊のパトリオット公園で開催された「アルミヤ(Army)2017」で開発裏のエピソードが打ち明けられ話題となっている。現在は量産開始前の試作段階を終えたところで、このまま開発が順調に進めば、今年末にもアルファ版が登場する。

ロシア・スポーツ省は2016年、規範項目の中に「コンピュータースポーツ」を掲げている。所謂「eスポーツ」における優れたスキルは、ゲーム中における認識能力だけでなく、反射神経、忍耐力を育むものと考えられている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
カナダ軍が国産迷彩『CADPAT』から米国『MultiCam』への切り替えを検討。識者は血税の無駄遣いと反論
ノルウェー警察が一部機関の標準サービスピストルに『SIG P320 X』シリーズを採用
コルトとFNアメリカが「M4」「M4A1」生産のため、米陸軍から現行契約からの変更を受注
米陸軍が旅団戦闘チームに再補給無しで『7日間』戦える体制を企図。3Dプリンタ等の先進技術がカギ
「あらゆるセンサーに検出されない」米陸軍の次世代迷彩システム(ULCANS)にイスラエル発祥の企業が受注獲得
米ADS社 L3社と共同で『PVS-14』暗視装置の延命補修プログラムを提供開始
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 カナダ軍が国産迷彩『CADPAT』から米国『MultiCam』への切り替えを検討。識者は血税の無駄遣いと反論 (2018-11-13 13:50)
 ノルウェー警察が一部機関の標準サービスピストルに『SIG P320 X』シリーズを採用 (2018-11-12 15:42)
 コルトとFNアメリカが「M4」「M4A1」生産のため、米陸軍から現行契約からの変更を受注 (2018-11-12 14:17)
 米陸軍が旅団戦闘チームに再補給無しで『7日間』戦える体制を企図。3Dプリンタ等の先進技術がカギ (2018-11-09 18:47)
 「あらゆるセンサーに検出されない」米陸軍の次世代迷彩システム(ULCANS)にイスラエル発祥の企業が受注獲得 (2018-11-09 13:47)
 米ADS社 L3社と共同で『PVS-14』暗視装置の延命補修プログラムを提供開始 (2018-11-08 19:26)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop