NEWS

イギリス軍が装備重量削減を狙ってL110 5.56mm軽機関銃を廃止

海外軍事 Comments(0)

Photo from UK Ministry of Defence
多くの将兵が弾幕によって敵の行動を抑制する軽機関銃は歩兵の心強い味方であると語っているが、イギリス軍は5.56mmの軽機関銃、FN製L110(FN MINIMI)の廃止を決定し、2018年末の陸軍司令部の最終判断を待つこととなった。 L7A1 (FN MAG) 7.62x51 mm汎用機関銃は使用が継続される。

関連記事:
イギリス陸軍の小隊火器の見直し
FN製L110の廃止は2013年から2015年まで3年に渡って行われたPCE(Platoon Combat Experiment……小隊戦闘実験)を通じて決定された。PCEは装備から人員構成、訓練まで、あらゆる面から小隊の在り方を検証するものであるが、FN製L110はPCEの1年目からその存在に疑問符がついた。

歩兵が携行する荷物は最大40kg、突撃時は20kg以下が望ましいと言われている。しかしアフガニスタンに派遣された兵士は平均体重の8割以上となる58kgの荷物を携行しており、装備の軽量化が喫緊の課題であった。

そうした中、L110による支援射撃は弾薬の70%が無駄に消費されていたことが明らかになった。これはFN社が400メートルとしていた有効射程が、検証の結果わずか250メートルと非常に短かく、多くの弾丸が届いていなかったためである。弾幕による制圧には大量の弾薬が必要であるが、これらのほとんどが無駄になるというのは、装備の軽量化の観点からは大問題といってよい。

これは他国軍でも同じことが指摘されている。近年はアメリカ海兵隊のM27 IARにみられるように、弾幕を張るよりもセミオート狙撃銃でピンポイントに弾丸を送り込むほうが有効性が高いという論が増えている。

イギリス軍の場合はL110軽機をLMT社製のL129A1 7.62×51mm選抜射手小銃で置き換え、またH&K社製L123A3アンダーバレルマウント・グレネードランチャーの配備数も増やすことで、L110がカバーしていた射程300~400メートルにおいて、同等の支援射撃を行なえると考えているようだ。

イギリス軍では他にも、電子補正式の光学照準器を導入してより精密な支援射撃を行えるようにすることが計画されている。射程が問題であれば主力小銃そのものをより大口径のものに変更すべきだが、これはNATO軍の装備に大きな影響力を持つアメリカ軍が自動小銃を更新してからの動きになるだろう。今の所はL85A2の改修型でわずかに軽量化されたL85A2 TES、さらにH&K社による改修型のL85A3への更新や、軽量なマグプル社の樹脂製弾倉の導入にとどまるようだ。

参考:英防衛省が L85A2 自動小銃の現代化改修を独 H&K 社と契約 - ミリブロNews

なお、同じく重量に対する火力が疑問視されているM6-640コマンド60mm迫撃砲について初弾命中率は3%であるものの、殺傷数のかなりの割合がM6によるものということで、意見が別れているようだ。L110にしてもM6にしても演習ではよく見かける火器であり、年末の決定まで推移を見守ることになるだろう。

Source: British Army Set to Drop Light Machine Guns - The Firearm BlogThe Firearm Blog
Precision vs Suppression - Mönch Verlagsgesellschaft mbH
UK Armed Forces Commentary: Infantry modernisation: the british army situation and the Allies - UPDATED

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201804
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米税関・国境警備局がグロック47をはじめ第5世代グロック3機種を採用
米陸軍 6.8mm口径の次世代分隊火器(NGSW)を2021年秋から実地試験開始
USSOCOMが新型戦闘ヘルメット(FTHS)に『Ops-Core FAST SF』を購入。最大9,500万ドルの契約
B&T USAがインディアナ州レイク郡の保安官事務所向け『MP9 9mm SMG』の供給契約を獲得
米海軍海上戦闘センター・クレーン局(NSWC-CD)が特殊部隊スナイパー用スコープ『AP-VPS』の情報提供を呼び掛け
ウクライナRoboneersの無人陸上戦闘車輌『Zhook』
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米税関・国境警備局がグロック47をはじめ第5世代グロック3機種を採用 (2019-04-19 20:12)
 米陸軍 6.8mm口径の次世代分隊火器(NGSW)を2021年秋から実地試験開始 (2019-04-16 19:10)
 USSOCOMが新型戦闘ヘルメット(FTHS)に『Ops-Core FAST SF』を購入。最大9,500万ドルの契約 (2019-04-15 16:48)
 B&T USAがインディアナ州レイク郡の保安官事務所向け『MP9 9mm SMG』の供給契約を獲得 (2019-04-10 13:30)
 米海軍海上戦闘センター・クレーン局(NSWC-CD)が特殊部隊スナイパー用スコープ『AP-VPS』の情報提供を呼び掛け (2019-04-10 12:49)
 ウクライナRoboneersの無人陸上戦闘車輌『Zhook』 (2019-04-09 19:42)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop