NEWS

チェコの警察系特殊部隊「URNA」をラリー・ヴィッカーズが紹介

海外軍事 Comments(0)
チェコの警察系特殊部隊「URNA」をラリー・ヴィッカーズが紹介
旧東側諸国の特殊部隊については、冷戦中は秘密のベールの向こう側にあったものがソ連崩壊と同時に西側にも情報が出るようになってきた。そんな部隊の一つ、チェコのURNAを元デルタフォースのラリー・ヴィッカーズが紹介している。
動画中では勤続28年というベテランの隊員に様々な質問を投げかけている。それによるとURNAは国家警察の特殊部隊として1981年に誕生、ヨーロッパで相次ぐテロ事件に対応していた。90年、冷戦体制の崩壊とともに再編され、西側の特殊部隊のスタイルを多く取り入れるようになったという。

任務としては人質が発生した対テロ事件だけでなく、警護や諜報といったものにも参加。警察の一部ではありつつ軍や情報機関とも連携しており、ぼやかしてはいるものの国外でも行動をしているようだ。

選抜は年に1度。警察か陸軍に3年以上務めた志願者から行われる。内容は体力や心理テストに加え、睡眠時間や食事を極限まで削る耐久テストもある。合格率は30人に1名ほどという。

その昔はワルシャワ条約機構軍の一部としてソ連製、ないしはチェコ製の火器を使用していたが、現在はドイツ製を中心としたモダンなもの。ハンドガンにグロック17、短機関銃はMP5から近年はMP7を使用している。カービンは5.56mmNATO弾を使用するG36を経てHK416、狙撃用にはHK417とアキュラシー・インターナショナル社製のライフルを使用しているとのことだ。

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201902
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
装備を取るか、機動力を取るか…15ポンド(約6.8Kg)の重量増加で海兵隊分隊の兵力1名が損耗する
「腰痛」の原因になる―米陸軍に続き海兵隊の体力試験で『腹筋運動』廃止を検討
米陸軍特殊作戦司令部『CAPEX (Capabilities Exercise)2019』トレーラー
小火器の大幅な小型化・高初速化を可能にする新型銃身とブリーチを米陸軍が開発中
米陸軍が『認定防護アイウェア一覧(APEL)』を更新。「電子駆動式トランジションレンズ」が利用可能に
米海兵隊が歩兵向けに軽量な『統合ヘルメットシステム(IHS)』取得に向けた情報提供を呼び掛け
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 装備を取るか、機動力を取るか…15ポンド(約6.8Kg)の重量増加で海兵隊分隊の兵力1名が損耗する (2019-06-13 16:13)
 「腰痛」の原因になる―米陸軍に続き海兵隊の体力試験で『腹筋運動』廃止を検討 (2019-06-12 17:40)
 米陸軍特殊作戦司令部『CAPEX (Capabilities Exercise)2019』トレーラー (2019-06-11 16:25)
 小火器の大幅な小型化・高初速化を可能にする新型銃身とブリーチを米陸軍が開発中 (2019-06-11 14:04)
 米陸軍が『認定防護アイウェア一覧(APEL)』を更新。「電子駆動式トランジションレンズ」が利用可能に (2019-06-07 19:45)
 米海兵隊が歩兵向けに軽量な『統合ヘルメットシステム(IHS)』取得に向けた情報提供を呼び掛け (2019-06-07 13:31)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop