NEWS

米陸軍の最新戦闘ヘルメット『IHPS』が第82空挺師団に配備。鈍的外傷能力2倍で近接戦闘のECHをリプレイス

海外軍事 Comments(0)

Photo: US Army Project Manager - Soldier Protection & Individual Equipment (PM-SPIE)
This photo is for illustrative purposes only.
米陸軍の最新型戦闘ヘルメット、『統合頭部防護システム(IHPS: Integrated Head Protection System)』が、この3月に「第82空挺師団」への配備が始まる。

関連記事:
米陸軍がセラダイン社と『統合頭部防護システム(IHPS)』の追加供給契約

Photo: United States Army Acquisition Support Center (USAASC)
This photo is for illustrative purposes only.
大手軍事ニュースサイト「ミリタリードットコム」のライター、マシュー・コックス(Matthew Cox)氏によると、IHPSは現行の「改良型戦闘ヘルメット(ECH)」と同等の防弾性能を提供しながらも、鈍的外傷に対する防護能力を2倍に高めていることを特徴に挙げており、「近接戦闘部隊においてECHのリプレイスを図るものだ」と伝えている。
また3Mカンパニー傘下のセラダイン社(Ceradyne Inc.,)と共に開発を進めていた陸軍の担当者も「ECHの衝撃防護性能を100%改良できるものだ」とし、その出来栄えに太鼓判を押している。

IHPSは、ボルトレス保持システムの採用で取り付けを簡略化。また兵士が通信用ヘッドセットをより快適に装着可能とするため両側により広いスペースを提供している。ECHと比べて僅かにオーバーサイズな設計となっている為、カバー範囲が広がった分その重量も微増している。

Source: Full Details: Army's Newest Combat Helmet Revealed

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ロシア『5.45 DESIGN』の戦闘服をフランス「GIGN」、スペイン、ハンガリーなどNATO傘下の特殊用途部隊が購入
自爆ベストからチームメイトを救った米陸軍の兵士が最高位の『名誉勲章(MoH)』を受章
民間軍事会社「ブラックウォーター」の創業者が中国の後ろ盾の下『ミャンマー』で活動を開始
USSOCOM『先進狙撃銃(ASR)』にバレット『MRAD』が『Mark 21』に選定。親子デザイナーの米軍採用は史上初
『米陸軍レンジャーが1,900名のテロリストを殺害または捕縛』JSOC副司令官がメダル授与式で明かす
ドイツH&K社が民間向けオーダーの受け入れを無期限停止。各国の公用バックオーダーを優先に
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ロシア『5.45 DESIGN』の戦闘服をフランス「GIGN」、スペイン、ハンガリーなどNATO傘下の特殊用途部隊が購入 (2019-03-22 14:13)
 自爆ベストからチームメイトを救った米陸軍の兵士が最高位の『名誉勲章(MoH)』を受章 (2019-03-20 19:10)
 民間軍事会社「ブラックウォーター」の創業者が中国の後ろ盾の下『ミャンマー』で活動を開始 (2019-03-19 17:33)
 USSOCOM『先進狙撃銃(ASR)』にバレット『MRAD』が『Mark 21』に選定。親子デザイナーの米軍採用は史上初 (2019-03-14 12:59)
 『米陸軍レンジャーが1,900名のテロリストを殺害または捕縛』JSOC副司令官がメダル授与式で明かす (2019-03-13 12:09)
 ドイツH&K社が民間向けオーダーの受け入れを無期限停止。各国の公用バックオーダーを優先に (2019-03-12 13:57)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop