NEWS

「粉末血液」「皮膚スプレー」...米陸軍が取り組む未来の戦場医療

海外軍事 Comments(0)
「粉末血液」「皮膚スプレー」...米陸軍が取り組む未来の戦場医療
Photo by Pfc. Eric Overfelt
Image is for illustration purposes only.
アシュトン・カーター (Ashton Carter) 米国防長官が 16 日、テキサス州サンアントニオの陸軍外科学研究所 (U.S. Army Institute of Surgical Research) を訪問。ミリタリードットコムのインタビューの中で、同研究所による戦場医療の飛躍的な進歩を目指す革新的な取り組みが紹介されている。
その 1 つ、「粉末状になった血液 (powdered blood) 」製品の開発では、赤血球をどのように複製するのかを調べているとのこと。「血液パウダー」を液体に混ぜることで血液の再現ができれば、運搬、供給、管理など、様々な側面での解決に繋がるとみられている。

「人工血液製品」の取り組みは、戦場などの施設が整備されない場所や遠隔地において、適切な気温の下で一定量を保管し続けることが難しいことが背景にあり、輸血の際に酸素を含有している血液を確保することが課題となっているとのこと。

また、同研究所で取り組みがおこなわれている別の研究においては、「皮膚スプレー」なるものも進められているという。ヒトの皮膚に由来するミスト (霧) を、火傷などの負傷箇所に吹き付けることで、その再生化を図るとしている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
70歳になってからタリバン掃討作戦に参加した歴戦のCIAコントラクターが存在する
USマーシャルの特殊作戦グループがSTI社のハイキャパシティオートを制式拳銃に採用
米シークレットサービスが第5世代グロック19を新たに制式拳銃として採用
米空軍が戦闘機パイロットの前立腺ガン罹患率を調査
僅か50ミリ秒で獲物の動きに反応して95%の確率で狩りを成功させる『トンボ』から学ぶ新型ミサイルの研究
ハイスピードギア社がH&K社の分隊選抜射手小銃(SDMR)契約の一環で「TACO」ポーチ×3万個を供給
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 70歳になってからタリバン掃討作戦に参加した歴戦のCIAコントラクターが存在する (2019-08-22 11:04)
 USマーシャルの特殊作戦グループがSTI社のハイキャパシティオートを制式拳銃に採用 (2019-08-20 11:00)
 米シークレットサービスが第5世代グロック19を新たに制式拳銃として採用 (2019-08-09 12:34)
 米空軍が戦闘機パイロットの前立腺ガン罹患率を調査 (2019-08-08 14:59)
 僅か50ミリ秒で獲物の動きに反応して95%の確率で狩りを成功させる『トンボ』から学ぶ新型ミサイルの研究 (2019-08-08 14:41)
 ハイスピードギア社がH&K社の分隊選抜射手小銃(SDMR)契約の一環で「TACO」ポーチ×3万個を供給 (2019-08-06 17:34)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop