NEWS

『米陸軍レンジャーが1,900名のテロリストを殺害または捕縛』JSOC副司令官がメダル授与式で明かす

海外軍事 Comments(0)
『米陸軍レンジャーが1,900名のテロリストを殺害または捕縛』JSOC副司令官がメダル授与式で明かす
Photo by 1st Lt. Benjamin Haulenbeek
This photo is for illustrative purposes only.
米陸軍の精鋭レンジャーらによる、アフガニスタン最新のディプロイメントで『およそ1,900名のテロリストを殺害または捕縛した』とする戦果が明らかとなった。
8日、第75レンジャー連隊・第1大隊の17名の精鋭レンジャーが、ハンター飛行場でおこなわれたメダル授与式に臨んだ。
贈呈者を務めた統合特殊作戦司令部(JSOC: Joint Special Operations Command)の副司令官、陸軍のマーク・シュワルツ(Mark Schwartz)少将が、「第1レンジャー大隊は対テロ戦争(GWOT: Global War on Terrorism)の支援において、22回のディプロイメントをおこなった」とし、その影響の定量化として「同大隊によると、最近のディプロイメントで、198回の戦闘任務を遂行し、その結果1,900名のテロリストの殺害または捕縛をおこなった」と語っている。

『米陸軍レンジャーが1,900名のテロリストを殺害または捕縛』JSOC副司令官がメダル授与式で明かす
Photo Credit: Tracy A. Bailey, 75th Ranger Regiment Public Affairs
なお式典で叙勲されたメダルの内訳は以下の通り。
シルバースター×1個
ブロンズスター×8個
統合任務功績章×5個
パープルハート×3個

第75レンジャー連隊は、攻撃力と展開力、そして多様な任務への柔軟性を併せ持ち、戦場での特殊作戦において広範囲に渡り参加している。また同連隊は、世界有数の軽歩兵戦闘部隊でもあり、襲撃任務と敵地奥深くでの攻撃任務に特化しているのが特徴。レンジャーを登竜門として「グリーンベレー」やその先の「デルタフォース」を目指す隊員も多い。

Source: Rangers receive awards for valor

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
70歳になってからタリバン掃討作戦に参加した歴戦のCIAコントラクターが存在する
USマーシャルの特殊作戦グループがSTI社のハイキャパシティオートを制式拳銃に採用
米シークレットサービスが第5世代グロック19を新たに制式拳銃として採用
米空軍が戦闘機パイロットの前立腺ガン罹患率を調査
僅か50ミリ秒で獲物の動きに反応して95%の確率で狩りを成功させる『トンボ』から学ぶ新型ミサイルの研究
ハイスピードギア社がH&K社の分隊選抜射手小銃(SDMR)契約の一環で「TACO」ポーチ×3万個を供給
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 70歳になってからタリバン掃討作戦に参加した歴戦のCIAコントラクターが存在する (2019-08-22 11:04)
 USマーシャルの特殊作戦グループがSTI社のハイキャパシティオートを制式拳銃に採用 (2019-08-20 11:00)
 米シークレットサービスが第5世代グロック19を新たに制式拳銃として採用 (2019-08-09 12:34)
 米空軍が戦闘機パイロットの前立腺ガン罹患率を調査 (2019-08-08 14:59)
 僅か50ミリ秒で獲物の動きに反応して95%の確率で狩りを成功させる『トンボ』から学ぶ新型ミサイルの研究 (2019-08-08 14:41)
 ハイスピードギア社がH&K社の分隊選抜射手小銃(SDMR)契約の一環で「TACO」ポーチ×3万個を供給 (2019-08-06 17:34)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop