NEWS

米陸軍の軍高官・要人警護用の新型サブコンパクトウェポン(SCW)に『B&T APC9-K』が選定

海外軍事 Comments(1)
米陸軍の軍高官・要人警護用の新型サブコンパクトウェポン(SCW)に『B&T APC9-K』が選定
Photo from Brügger & Thomet (B&T)
米陸軍の要人警護用新型サブコンパクトウェポン(SCW)・250万ドル(=約2.8億円)超の案件に、フロリダ州タンパの「ブリュッガー&トーメ社(B&T USA LLC)」の提案が選定された。(W15QKN-19-9-P018)
B&T USA社との間で結ばれる「生産・その他売買契約(P-OTA: Production-Other Transaction Agreement)」では350挺の購入に加えて、スリングやスペアパーツなど含めた最大で1,000挺の追加購入が見込まれる。
これまでの報道で今回のSCW選定に参戦した企業名は以下の通り。
Angstadt Arms
B&T USA
Global Ordnance, LLC
Shield Arms
SIG SAUER
Trident Rifles, LLC


米陸軍の軍高官・要人警護用の新型サブコンパクトウェポン(SCW)に『B&T APC9-K』が選定
Photo from Brügger & Thomet (B&T)

また陸軍の提示した「伸縮式ストックを備え、5.5インチ以下のバレル長」といった要件を踏まえると、該当するのは『B&T APC9-K』になるとみられている。
B&T semi-automatic APC9 PRO K, cal. 9 x 19 mm
Calibre: 9x19mm
System: Close bolt blow back system
Operation: Semi automatic
Length min./max.: 345mm/522mm
Width: 58mm
Height: 292mm
Barrel Length: 110 mm
Weight: 2.6kg
Stock Pull: 335mm
Primary Sighting System: Aimpoint Micro TL
Secondary Sighting System: Flip-Up emergency sight (not shown)
Suppressor connector: 3-Lug or thread
NAR Rails: 1+3
Charging handle: ambidextrous, foldable, non-reciprocating
Magazines: 15, 20, 25 and 30 rounds, translucent Polymer magazines
Handling: Ambidextrous

陸軍は、陸軍長官をはじめ、軍参謀総長や上級司令官など、テロリストにとって格好のターゲットになりかねない高官(HRP: High-Risk Personnel)の「身辺警護(PSD: Personal Security Details)」を任された要員向けの火器取得を希求。
敵の脅威に直面した際、近距離で「ハイボリュームなリーサリティー(殺傷性)」を叩き込むことが求められる一方で、その任務内容故に周辺への「巻き添え被害(コラテラルダメージ)」を最小限に抑える「射撃精度」も不可欠となっていた。また陸軍はその提案要件において「これまでPSDの任務に就く兵士は、ピストルとライフルの携行こそありながらも、それらとは別に秘匿性とリーサリティーを持ち合わせた火器の必要性に迫られていた」ことも示している。

関連記事:
米陸軍の要人警護(PSD)用『サブコンパクトウェポン(SCW)』10選

Source: Sub Compact Weapon Production-Other Transaction Agreement, The Army picked this sub gun for security details to use while protecting top commanders and leaders, B&T semi-automatic APC9 PRO K, cal. 9 x 19 mm

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ベトナム戦争中の爆撃クレーターを衛星画像から発見する機械学習アルゴリズムをオハイオ州立大学の研究者が開発
ドイツ陸軍が7.62mmNATO口径の短距離向けセミオート狙撃銃の公募開始
アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画
アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定
アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ
『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ベトナム戦争中の爆撃クレーターを衛星画像から発見する機械学習アルゴリズムをオハイオ州立大学の研究者が開発 (2020-04-06 21:56)
 ドイツ陸軍が7.62mmNATO口径の短距離向けセミオート狙撃銃の公募開始 (2020-04-03 19:15)
 アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画 (2020-04-01 21:30)
 アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定 (2020-03-31 21:49)
 アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ (2020-03-30 18:22)
 『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント (2020-03-30 15:41)
この記事へのコメント
弾は9パラでええんか?
Posted by からす | at 2019年04月20日 22:20
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop