NEWS

米陸軍が初のロボット戦闘車輌の試作機を使って2021年までにテストを計画

海外軍事 Comments(0)

Image from TARDEC Ground Vehicle Robotics
Text and Image are not directly related.
米陸軍が「完全自律型ロボット戦闘車輌」の開発に向けた取り組みを進めており、そのプロトタイプを使った試験を「2021年」までにおこなう計画を掲げている。

関連記事:
米陸軍 最大で歩兵の 1/4 が無人機・ロボット化へ?
「陸軍訓練教則司令部(TRADOC: Training and Doctrine Command)操作ロボティックス・自律システム計画局(TPO-MRAS)」のウィリアム・ヌッコルス(William Nuckols)大佐はメディアのインタビューに対して、「決定的な致死性を持ち、新たな有人式車輌と共に機能する」「プラットフォームは小型で軽量なものになるだろう」「小型化することで何かと維持費も節約できる」と述べている。

TPO-MRAS(TRADOC'S Project Office for Maneuver Robotics and Autonomous Systems)は、ロボット戦闘車輌の取り組みの中で、次世代戦闘車輌の開発に向けて設置された陸軍の新局。ここでは部門間の枠組みを超えた取り組みがおこなわれている。

120㎜砲を搭載した車輌は、兵士の搭乗が無い状況で25~28トンの重量クラスを見込んでおり、例えこの重量クラスの戦闘車輌であったとしても、潜在的な「リーサリティー(致死性)」という点では、重量70トンほどのエイブラムス戦車にも引けを取らないとしている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し
ナビスター・ディフェンスがトヨタ・ハイラックスなど特殊部隊向け市販改造車輌(PB-NSCV)のPVを公開
「精確な射撃ができない」ドイツ・ベルリン警察が新制式拳銃『SFP9』×1,300挺をH&K社に返送
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
 ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し (2018-10-12 20:47)
 ナビスター・ディフェンスがトヨタ・ハイラックスなど特殊部隊向け市販改造車輌(PB-NSCV)のPVを公開 (2018-10-12 17:16)
 「精確な射撃ができない」ドイツ・ベルリン警察が新制式拳銃『SFP9』×1,300挺をH&K社に返送 (2018-10-11 11:19)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop