NEWS

米陸軍がシグ社のMCX Rattlerをベースとしたサイレンサー付きPDWの実射デモを行う

海外軍事 Comments(0)
米陸軍がシグ社のMCX Rattlerをベースとしたサイレンサー付きPDWの実射デモを行う
Photo from US Army
アメリカ軍の小火器において徐々に存在感を高めているシグ社だが、今回、陸軍が主催し、調達関係者・メーカー担当者が参加する展示イベント「US Army Expeditionary Warrior Experiments (AEWE)」でのデモで、MCX Rattlerをベースにしていると思われるPDWが目撃された。
デモはGear4Grunts社の樹脂製弾倉ポーチ「RAMP」を紹介するものだが、そこで使用されたPDWにRattlerのロアレシーバーが使われ、さらに市販のものよりも短いサイレンサーが装着されていた。
MCX RattlerはMCXシリーズの中でも最小・最短となるバリエーション。5.56mm版・.300BLK版が存在するが今回のデモで使用されたのはいずれのものであるのか不明。

参考:
シグ社・PDW用途向け超短縮型カービン「MCX Rattler」を発表 - ミリブロNews

こちらは、AEWEで紹介された新技術の一覧で紹介されたPDW。実射デモで用いられたものとは細部に違いがあり、ロアレシーバーはARクローンであるM400のモノが使用されている。ハンドガードもKeymod仕様のものだ。
米陸軍がシグ社のMCX Rattlerをベースとしたサイレンサー付きPDWの実射デモを行う
Photo from US Army
米陸軍は9mmのサブコンパクトウェポン取得計画を進行させているが、これとは別にPDWについての研究・検討を進めているようだ。

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201903
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
エストニア軍の新制式小銃コンペでSIGが追加抗告を断念。LMT製品に遠隔武器管理システムが搭載へ
米海兵隊特殊部隊員がアメリカ人として初めて仏軍のコマンド訓練を修了
「5.56mmでは威力不足」独H&K社が国防相向け書簡で次期制式小銃の選定プロセスを批判
米マーシャル『特殊作戦群(SOG)』がサロモン製ブーツ2種の購入を計画。「10年間で最も満足する製品」と高評価
米海兵隊が新たな『分隊共通オプティクス(SCO)』取得の情報提供依頼書(RFI)を発出
フランス海軍特殊部隊「コマンドー・ユベル」の隊員2名がブルキナファソの人質救出作戦で戦死。人質4名を救出
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 エストニア軍の新制式小銃コンペでSIGが追加抗告を断念。LMT製品に遠隔武器管理システムが搭載へ (2019-05-20 15:23)
 米海兵隊特殊部隊員がアメリカ人として初めて仏軍のコマンド訓練を修了 (2019-05-17 19:44)
 「5.56mmでは威力不足」独H&K社が国防相向け書簡で次期制式小銃の選定プロセスを批判 (2019-05-17 19:15)
 米マーシャル『特殊作戦群(SOG)』がサロモン製ブーツ2種の購入を計画。「10年間で最も満足する製品」と高評価 (2019-05-17 17:51)
 米海兵隊が新たな『分隊共通オプティクス(SCO)』取得の情報提供依頼書(RFI)を発出 (2019-05-14 15:37)
 フランス海軍特殊部隊「コマンドー・ユベル」の隊員2名がブルキナファソの人質救出作戦で戦死。人質4名を救出 (2019-05-13 12:39)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop