NEWS

米陸軍が様々な手法で若者にアプローチし、2019会計年度における採用目標に到達する見込み

海外軍事 Comments(0)
米陸軍が様々な手法で若者にアプローチし、2019会計年度における採用目標に到達する見込み
Photo by Spc. Avery Cunningham.
This photo is for illustrative purposes only.
米陸軍が新たな現役兵士×68,000名との署名を交わし、2019会計年度における採用目標に到達する見込みとなった。

関連記事:
米国防総省が陸軍の募集難をクリアすべく選抜試験突破者に2,700万円のボーナスを支給する案を検討中
陸軍は過去1年間で700名の人材採用担当者(リクルーター)を増員する体制で臨んでおり、仮想空間での募集ステーションを開発し、ソーシャルメディアやテキスト送信など、若者へのアプローチを仕掛けている。また「eスポーツ」「ウォーリア・フィットネス・チーム」を立ち上げ、オンラインビデオゲームやフィットネスに関心を持つ若者との繋がりを求めるなど、新たな試みが功を奏したようだ。

目標達成を間近に、ライアン・マッカーシー(Ryan McCarthy)陸軍長官は「我が陸軍の新兵募集に対する努力を非常に誇りに思う」と語っている。

陸軍は、兵力50万名に到達するまで年間2,000名の新兵を育て続けることを目標に掲げている。

Source: Army hits 2019 recruiting goals

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
L3ハリス社が米陸軍に「ゲームチェンジャー」な新型ネットワーク式夜間暗視ゴーグル『ENVG-B』の初期納入を開始
米海軍クレーンが『M110K1』の6.5mm CRDMR変換キット新型アッパーのアッセンブリー取得に向けRFI発出
メキシコの無法地帯では、麻薬カルテルによる不気味な武装ピエロが徘徊している
ポーランド警察が「ベレッタAPX」ピストル×4,666挺購入
イラク、アフガニスタンでの需要減少でコンステリス社が財務危機。負債額は1,290億円に
米陸軍が10/1より新開発の『戦闘適合試験(ACFT)』の初期実装を開始
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 L3ハリス社が米陸軍に「ゲームチェンジャー」な新型ネットワーク式夜間暗視ゴーグル『ENVG-B』の初期納入を開始 (2019-10-16 18:38)
 米海軍クレーンが『M110K1』の6.5mm CRDMR変換キット新型アッパーのアッセンブリー取得に向けRFI発出 (2019-10-11 12:16)
 メキシコの無法地帯では、麻薬カルテルによる不気味な武装ピエロが徘徊している (2019-10-10 17:33)
 ポーランド警察が「ベレッタAPX」ピストル×4,666挺購入 (2019-10-10 16:01)
 イラク、アフガニスタンでの需要減少でコンステリス社が財務危機。負債額は1,290億円に (2019-10-10 11:59)
 米陸軍が10/1より新開発の『戦闘適合試験(ACFT)』の初期実装を開始 (2019-10-04 12:07)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop