NEWS

米陸軍 約17万丁のM4・M4A1自動小銃新規調達の提案依頼を予告

海外軍事 Comments(0)
米陸軍 約17万丁のM4・M4A1自動小銃新規調達の提案依頼を予告
Air National Guard photo by Tech. Sgt. Justin Jacobs
先日のM16A4自動小銃約20万丁の新規調達に続いて、今度はM4・M4A1自動小銃も新規調達することがアメリカ陸軍によって予告された。

参考:
米陸軍が『M16A4』ライフルの大量取得を計画か - ミリブロNews
調達されるのはM4カービン(NSN: 1005-01-231-0973)とM4A1カービン(NSN: 1005-01-382-0953)最大合計16万7195丁。2020年から4年に渡る数量未確定(IDIQ)契約によって購入される。すべてのカービンはアメリカ領内で生産されることが条件となっている。

M4シリーズはすでに30年選手であり、各個体の老朽化は否めない。次世代分隊火器の配備までにはもう少しかかるため、それまでの延命策と思われる。最近はセネガル、アフガニスタン、イラク等の海外の友好勢力に供給するための購入が続いていたが、自軍向けの大量調達は久しぶりとなる。

Source: M4/M4A1 Carbine - Federal Business Opportunities: Opportunities

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201903
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。

タグ :M4M4A1

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
エストニア軍の新制式小銃コンペでSIGが追加抗告を断念。LMT製品に遠隔武器管理システムが搭載へ
米海兵隊特殊部隊員がアメリカ人として初めて仏軍のコマンド訓練を修了
「5.56mmでは威力不足」独H&K社が国防相向け書簡で次期制式小銃の選定プロセスを批判
米マーシャル『特殊作戦群(SOG)』がサロモン製ブーツ2種の購入を計画。「10年間で最も満足する製品」と高評価
米海兵隊が新たな『分隊共通オプティクス(SCO)』取得の情報提供依頼書(RFI)を発出
フランス海軍特殊部隊「コマンドー・ユベル」の隊員2名がブルキナファソの人質救出作戦で戦死。人質4名を救出
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 エストニア軍の新制式小銃コンペでSIGが追加抗告を断念。LMT製品に遠隔武器管理システムが搭載へ (2019-05-20 15:23)
 米海兵隊特殊部隊員がアメリカ人として初めて仏軍のコマンド訓練を修了 (2019-05-17 19:44)
 「5.56mmでは威力不足」独H&K社が国防相向け書簡で次期制式小銃の選定プロセスを批判 (2019-05-17 19:15)
 米マーシャル『特殊作戦群(SOG)』がサロモン製ブーツ2種の購入を計画。「10年間で最も満足する製品」と高評価 (2019-05-17 17:51)
 米海兵隊が新たな『分隊共通オプティクス(SCO)』取得の情報提供依頼書(RFI)を発出 (2019-05-14 15:37)
 フランス海軍特殊部隊「コマンドー・ユベル」の隊員2名がブルキナファソの人質救出作戦で戦死。人質4名を救出 (2019-05-13 12:39)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop