NEWS

米陸軍 約17万丁のM4・M4A1自動小銃新規調達の提案依頼を予告

海外軍事 Comments(0)
米陸軍 約17万丁のM4・M4A1自動小銃新規調達の提案依頼を予告
Air National Guard photo by Tech. Sgt. Justin Jacobs
先日のM16A4自動小銃約20万丁の新規調達に続いて、今度はM4・M4A1自動小銃も新規調達することがアメリカ陸軍によって予告された。

参考:
米陸軍が『M16A4』ライフルの大量取得を計画か - ミリブロNews
調達されるのはM4カービン(NSN: 1005-01-231-0973)とM4A1カービン(NSN: 1005-01-382-0953)最大合計16万7195丁。2020年から4年に渡る数量未確定(IDIQ)契約によって購入される。すべてのカービンはアメリカ領内で生産されることが条件となっている。

M4シリーズはすでに30年選手であり、各個体の老朽化は否めない。次世代分隊火器の配備までにはもう少しかかるため、それまでの延命策と思われる。最近はセネガル、アフガニスタン、イラク等の海外の友好勢力に供給するための購入が続いていたが、自軍向けの大量調達は久しぶりとなる。

Source: M4/M4A1 Carbine - Federal Business Opportunities: Opportunities

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201903
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。

タグ :M4M4A1

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
70歳になってからタリバン掃討作戦に参加した歴戦のCIAコントラクターが存在する
USマーシャルの特殊作戦グループがSTI社のハイキャパシティオートを制式拳銃に採用
米シークレットサービスが第5世代グロック19を新たに制式拳銃として採用
米空軍が戦闘機パイロットの前立腺ガン罹患率を調査
僅か50ミリ秒で獲物の動きに反応して95%の確率で狩りを成功させる『トンボ』から学ぶ新型ミサイルの研究
ハイスピードギア社がH&K社の分隊選抜射手小銃(SDMR)契約の一環で「TACO」ポーチ×3万個を供給
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 70歳になってからタリバン掃討作戦に参加した歴戦のCIAコントラクターが存在する (2019-08-22 11:04)
 USマーシャルの特殊作戦グループがSTI社のハイキャパシティオートを制式拳銃に採用 (2019-08-20 11:00)
 米シークレットサービスが第5世代グロック19を新たに制式拳銃として採用 (2019-08-09 12:34)
 米空軍が戦闘機パイロットの前立腺ガン罹患率を調査 (2019-08-08 14:59)
 僅か50ミリ秒で獲物の動きに反応して95%の確率で狩りを成功させる『トンボ』から学ぶ新型ミサイルの研究 (2019-08-08 14:41)
 ハイスピードギア社がH&K社の分隊選抜射手小銃(SDMR)契約の一環で「TACO」ポーチ×3万個を供給 (2019-08-06 17:34)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop