NEWS

米陸軍が『M16A4』ライフルの大量取得を計画か

海外軍事 Comments(0)
米陸軍が『M16A4』ライフルの大量取得を計画か
Photo by Master Sgt. Matt Hecht
This photo is for illustrative purposes only.
米陸軍契約司令部(ACC-WRN)が、『M16A4』ライフル(NSN: 1005-01-383-2872)に関する最大2つの5ヶ年・数量未確定(IDIQ)契約を計画していることが分かった。
A: M16A4本体とバックアップアイアンサイト(BUIS)、レイルシステム(ARS: Adapter Rail System)
 ※キャリングハンドル無し、ハンドガード無し
B: M16A4本体とキャリングハンドル、レイルシステム
 ※BUIS無し、ハンドガード無し
C: M16A4本体とキャリングハンドル、標準ハンドガード
 ※BUIS無し、ARS無し

最小数量を工場出荷試験(FAT)要求数量とし、最大で各215,000挺になることが示されている。また受注業者には、NSN:1005-01-383-2872の最低注文数が保証されるとのこと。

なおコルト社(Colt's Manufacturing LLC)と米政府の間で結ばれたライセンス契約に基づき、国内製造であることが求められる。

具体的な期日と時間が盛り込まれた提案書が5~8週間以内に発表される予定となっている。

Source: M16A4 RIFLES - 1005--GUNS, THROUGH 30MM
タグ :M16A4

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
エストニア軍の新制式小銃コンペでSIGが追加抗告を断念。LMT製品に遠隔武器管理システムが搭載へ
米海兵隊特殊部隊員がアメリカ人として初めて仏軍のコマンド訓練を修了
「5.56mmでは威力不足」独H&K社が国防相向け書簡で次期制式小銃の選定プロセスを批判
米マーシャル『特殊作戦群(SOG)』がサロモン製ブーツ2種の購入を計画。「10年間で最も満足する製品」と高評価
米海兵隊が新たな『分隊共通オプティクス(SCO)』取得の情報提供依頼書(RFI)を発出
フランス海軍特殊部隊「コマンドー・ユベル」の隊員2名がブルキナファソの人質救出作戦で戦死。人質4名を救出
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 エストニア軍の新制式小銃コンペでSIGが追加抗告を断念。LMT製品に遠隔武器管理システムが搭載へ (2019-05-20 15:23)
 米海兵隊特殊部隊員がアメリカ人として初めて仏軍のコマンド訓練を修了 (2019-05-17 19:44)
 「5.56mmでは威力不足」独H&K社が国防相向け書簡で次期制式小銃の選定プロセスを批判 (2019-05-17 19:15)
 米マーシャル『特殊作戦群(SOG)』がサロモン製ブーツ2種の購入を計画。「10年間で最も満足する製品」と高評価 (2019-05-17 17:51)
 米海兵隊が新たな『分隊共通オプティクス(SCO)』取得の情報提供依頼書(RFI)を発出 (2019-05-14 15:37)
 フランス海軍特殊部隊「コマンドー・ユベル」の隊員2名がブルキナファソの人質救出作戦で戦死。人質4名を救出 (2019-05-13 12:39)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop