NEWS

米陸軍が各種拳銃用弾薬の発注一本化のため供給業者情報を募集中

海外軍事 Comments(0)
米陸軍が各種拳銃用弾薬の発注一本化のため供給業者情報を募集中
Photo from U.S. Army
アメリカ陸軍がこれまで個別の契約として発注していた各種拳銃用弾薬の契約を一本化すべく、38口径、45口径、9mm口径の拳銃弾を供給できるメーカーとその供給能力に関する情報を調査している。
供給が求められている弾薬は以下の通り
・38口径-M41
・38口径-ワッドカッター
・38口径-ブランク
・45口径-M1911
・45口径-ワッドカッター
・9mm口径-M882(軍用包装・民間向け包装とも)
・9mm口径-Mk243 Mod 0
・9mmMHSA-XM1152(軍用包装・民間向け包装とも)
・9mmMHSA-XM1153(軍用包装・民間向け包装とも)
・9mmMHSA-XM1156訓練用ダミー弾
・9mmMHSA-XM1157ブランク
38口径は米国産リボルバー用、45口径は米国産オートマチック用、9mmのうち M882とMk243 Mod 0 JHPはは米国産ないしNATO軍用拳銃・短機関銃から発射できることと指定されている。また、モジュラー拳銃システム用弾薬(MHSA)はM17・M18制式拳銃と、先般採用されたAPC9K短機関銃に最適化されたものが求められている。

正式な発注ではないため調達量は明記されていないが、参考値として21年度から26年度の5年間で38口径と45口径合わせて410万発、9mm弾2100万発、MHSA8100万発の供給能力があること、と示されている。

Source: Sources Sought for Production of Modular Handgun System Ammunition (MHSA) and Pistol Family Ammunition (PFA) - W52P1J-19-MHS-PFA - Federal Business Opportunities: Opportunities

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201907
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
カラシニコフ・コンツェルン、米法執行機関向け市場への進出に意欲
被害数億円規模 ロシア連邦保安庁のエリート特殊部隊員が押収された現金を着服していたことが明らかに
ロシアがインドに配慮してパキスタンに要求された小銃×50,000挺を拒否
米海兵隊の『Mk13 Mod 7』長距離スナイパーライフルが「完全作戦能力(FOC)」に到達
米国防総省が陸軍の募集難をクリアすべく選抜試験突破者に2,700万円のボーナスを支給する案を検討中
米沿岸警備艇が『麻薬密輸用の半潜水艇』を猛追跡。隊員が命懸けで飛び乗りハッチを開けさせる迫力の映像
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 カラシニコフ・コンツェルン、米法執行機関向け市場への進出に意欲 (2019-07-19 17:06)
 被害数億円規模 ロシア連邦保安庁のエリート特殊部隊員が押収された現金を着服していたことが明らかに (2019-07-18 20:32)
 ロシアがインドに配慮してパキスタンに要求された小銃×50,000挺を拒否 (2019-07-18 12:35)
 米海兵隊の『Mk13 Mod 7』長距離スナイパーライフルが「完全作戦能力(FOC)」に到達 (2019-07-18 11:21)
 米国防総省が陸軍の募集難をクリアすべく選抜試験突破者に2,700万円のボーナスを支給する案を検討中 (2019-07-16 17:47)
 米沿岸警備艇が『麻薬密輸用の半潜水艇』を猛追跡。隊員が命懸けで飛び乗りハッチを開けさせる迫力の映像 (2019-07-12 16:02)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop