NEWS

アメリカ陸軍 MCX自動小銃100丁を含む多数の銃器をシグ社から購入

海外軍事 Comments(0)
アメリカ陸軍研究開発・エンジニアリング司令部(ARDEC: Armament Research, Development and Engineering Center)がMCX自動小銃100丁を含む多数の銃器をシグ社から購入したことを公開した。IDIQ(数量未確定)契約で、5年間で以下の数量の範囲内で購入する。
7.62mm口径のSIG 716G2ライフル 500丁
MCX(9インチ) 100丁
MPX(4.5インチ) 各1000丁
SP2022 拳銃と弾倉3本 5000セット
SRD9サイレンサー 100個

購入した火器の用途は不明であるが、公開された文書では「スケジュールに合うのがシグ社だけであった」としており、なんらかの戦闘部隊に配備される模様。数量からするとFID(外国内的防衛)の一環として諸外国の軍隊に供給される可能性がある。

Source: Sig Sauer Weapons, Accessories, and Parts - W15QKN-18-R-0097 - Federal Business Opportunities: Opportunities

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201807
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』
FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注
E&Lエアソフトが公用向けにペイント弾バージョンの『QBZ-95』自動小銃をリリース
「無施錠」のカウンティ―(郡)シェリフ刑事車輌からSWAT装備と『AT308』狙撃銃&『SIG P226』拳銃が盗難
パキスタンとの争いを背景にインドが陸海空の特殊部隊から選抜する精鋭ユニット『局所攻撃部隊』創設を検討
エストニア軍の新制式小銃に米国『ルイス・マシーン・アンド・ツール(LMT)』社が受注獲得
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』 (2018-12-10 16:17)
 FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注 (2018-12-10 13:38)
 E&Lエアソフトが公用向けにペイント弾バージョンの『QBZ-95』自動小銃をリリース (2018-12-07 11:55)
 「無施錠」のカウンティ―(郡)シェリフ刑事車輌からSWAT装備と『AT308』狙撃銃&『SIG P226』拳銃が盗難 (2018-12-06 12:11)
 パキスタンとの争いを背景にインドが陸海空の特殊部隊から選抜する精鋭ユニット『局所攻撃部隊』創設を検討 (2018-12-05 15:10)
 エストニア軍の新制式小銃に米国『ルイス・マシーン・アンド・ツール(LMT)』社が受注獲得 (2018-12-05 12:42)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop