NEWS

アメリカ陸軍が新型の一般気候向け戦闘用ブーツの実地試験を開始

海外軍事 Comments(0)
アメリカ陸軍が新型の一般気候向け戦闘用ブーツの実地試験を開始
アメリカ陸軍研究開発工学コマンド(RDECOM)のナティック研究所では、今後4ヶ月に渡り、3箇所の基地で新型の陸軍戦闘長靴(ACB……Army Combat Boots)の試験を行う。
陸軍は現在、気候帯に合わせた7種類の長靴を使用している。このうちジャングル向け、山岳向け、寒冷地向けといった特化した用途の長靴は大きく進歩してきた。しかし新兵に支給される一般気候向けの長靴は2010年から変化しておらず新しい技術・新しい素材を使用して、性能を向上させる余地があった。

関連記事:
米陸軍が新素材を使用しデザイン・構成を一新する『改良型熱帯地用コンバットブーツ』の情報提供を呼び掛け

1万4千人の兵士に対して行われた調査では、実に50%近くがCOTS(市販品)を使用していると回答している、COTS品は軽量で柔らかく、慣らしが少なくて済み、よりクッション性が強い。しかしその分、防護性能や耐久性には劣る。

新型のブーツはアルタマ社、ベルヴィル・ブーツ・カンパニー社、マクレー・フットウェアの3社から4つが試作された新型のブーツの開発では、人工皮革や合成素材など大本の素材から見直し、COTS品の性能と軍用品の耐久性を両立させる努力が行われた。特にアウトソールでは、新種のラバーを使用し、3割以上も軽量化されたという。

Source: Soldier Center tests new Army combat boot prototypes | Article | The United States Army

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201901
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
70歳になってからタリバン掃討作戦に参加した歴戦のCIAコントラクターが存在する
USマーシャルの特殊作戦グループがSTI社のハイキャパシティオートを制式拳銃に採用
米シークレットサービスが第5世代グロック19を新たに制式拳銃として採用
米空軍が戦闘機パイロットの前立腺ガン罹患率を調査
僅か50ミリ秒で獲物の動きに反応して95%の確率で狩りを成功させる『トンボ』から学ぶ新型ミサイルの研究
ハイスピードギア社がH&K社の分隊選抜射手小銃(SDMR)契約の一環で「TACO」ポーチ×3万個を供給
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 70歳になってからタリバン掃討作戦に参加した歴戦のCIAコントラクターが存在する (2019-08-22 11:04)
 USマーシャルの特殊作戦グループがSTI社のハイキャパシティオートを制式拳銃に採用 (2019-08-20 11:00)
 米シークレットサービスが第5世代グロック19を新たに制式拳銃として採用 (2019-08-09 12:34)
 米空軍が戦闘機パイロットの前立腺ガン罹患率を調査 (2019-08-08 14:59)
 僅か50ミリ秒で獲物の動きに反応して95%の確率で狩りを成功させる『トンボ』から学ぶ新型ミサイルの研究 (2019-08-08 14:41)
 ハイスピードギア社がH&K社の分隊選抜射手小銃(SDMR)契約の一環で「TACO」ポーチ×3万個を供給 (2019-08-06 17:34)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop