米海兵隊 PMAG用にHSGI社のX2R TACO弾倉ポーチ15万個を購入

海外軍事 エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
米海兵隊 PMAG用にHSGI社のX2R TACO弾倉ポーチ15万個を購入
Photo from HSGI
アメリカ海兵隊は同軍が使用するマグプル社のポリマー弾倉、PMAG用として、High Speed Gear Inc(HSGI)社のX2R TACO MOLLEポーチのうちウッドランドパターン、コヨーテタンカラーの2種を合わせて15万個、計360万ドル分購入する。

参考:アメリカ海兵隊がマグプル社のポリマー弾倉「PMAG」の使用を全軍に承認 - ミリブロNews
海兵隊はM27 IAR(歩兵自動小銃)の給弾不良問題を解決すべくPMAGを全面的に導入したが、既存の弾倉ポーチでは小さすぎて挿入することができないことが問題となっていた。当時、広報動画を通じて弾倉ポーチを拡張する方法が紹介されていたが、新型ポーチによる抜本的な改革を行うようだ。

参考:米海兵隊が直伝、新型プライマリー弾倉『PMAG』をポーチに簡単に馴染ませる方法 - ミリブロNews

「X2R」はHSGI社の看板商品である「TACO」ポーチの次世代型として登場。ナイロンと樹脂パーツのハイブリッド構成になっており、バンジーコードで弾倉保持のテンションを自由に調整できる。購入されたのは2本差しのタイプで、片方の弾倉を抜いてももう片方がぐらつかない構造となっている。

Source: Marine Corps Inks Contract for New Rifle Magazine Pouches That Will Fit PMAG | Military.com

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201908
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
70歳になってからタリバン掃討作戦に参加した歴戦のCIAコントラクターが存在する
USマーシャルの特殊作戦グループがSTI社のハイキャパシティオートを制式拳銃に採用
米シークレットサービスが第5世代グロック19を新たに制式拳銃として採用
米空軍が戦闘機パイロットの前立腺ガン罹患率を調査
僅か50ミリ秒で獲物の動きに反応して95%の確率で狩りを成功させる『トンボ』から学ぶ新型ミサイルの研究
ハイスピードギア社がH&K社の分隊選抜射手小銃(SDMR)契約の一環で「TACO」ポーチ×3万個を供給
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 70歳になってからタリバン掃討作戦に参加した歴戦のCIAコントラクターが存在する (2019-08-22 11:04)
 USマーシャルの特殊作戦グループがSTI社のハイキャパシティオートを制式拳銃に採用 (2019-08-20 11:00)
 米シークレットサービスが第5世代グロック19を新たに制式拳銃として採用 (2019-08-09 12:34)
 米空軍が戦闘機パイロットの前立腺ガン罹患率を調査 (2019-08-08 14:59)
 僅か50ミリ秒で獲物の動きに反応して95%の確率で狩りを成功させる『トンボ』から学ぶ新型ミサイルの研究 (2019-08-08 14:41)
 ハイスピードギア社がH&K社の分隊選抜射手小銃(SDMR)契約の一環で「TACO」ポーチ×3万個を供給 (2019-08-06 17:34)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop