米海兵隊 PMAG用にHSGI社のX2R TACO弾倉ポーチ15万個を購入

海外軍事 エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
米海兵隊 PMAG用にHSGI社のX2R TACO弾倉ポーチ15万個を購入
Photo from HSGI
アメリカ海兵隊は同軍が使用するマグプル社のポリマー弾倉、PMAG用として、High Speed Gear Inc(HSGI)社のX2R TACO MOLLEポーチのうちウッドランドパターン、コヨーテタンカラーの2種を合わせて15万個、計360万ドル分購入する。

参考:アメリカ海兵隊がマグプル社のポリマー弾倉「PMAG」の使用を全軍に承認 - ミリブロNews
海兵隊はM27 IAR(歩兵自動小銃)の給弾不良問題を解決すべくPMAGを全面的に導入したが、既存の弾倉ポーチでは小さすぎて挿入することができないことが問題となっていた。当時、広報動画を通じて弾倉ポーチを拡張する方法が紹介されていたが、新型ポーチによる抜本的な改革を行うようだ。

参考:米海兵隊が直伝、新型プライマリー弾倉『PMAG』をポーチに簡単に馴染ませる方法 - ミリブロNews

「X2R」はHSGI社の看板商品である「TACO」ポーチの次世代型として登場。ナイロンと樹脂パーツのハイブリッド構成になっており、バンジーコードで弾倉保持のテンションを自由に調整できる。購入されたのは2本差しのタイプで、片方の弾倉を抜いてももう片方がぐらつかない構造となっている。

Source: Marine Corps Inks Contract for New Rifle Magazine Pouches That Will Fit PMAG | Military.com

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201908
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
新型コロナ 中東・北アフリカ情勢に大きな影響を与える
ベトナム戦争中の爆撃クレーターを衛星画像から発見する機械学習アルゴリズムをオハイオ州立大学の研究者が開発
ドイツ陸軍が7.62mmNATO口径の短距離向けセミオート狙撃銃の公募開始
アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画
アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定
アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 新型コロナ 中東・北アフリカ情勢に大きな影響を与える (2020-04-07 19:43)
 ベトナム戦争中の爆撃クレーターを衛星画像から発見する機械学習アルゴリズムをオハイオ州立大学の研究者が開発 (2020-04-06 21:56)
 ドイツ陸軍が7.62mmNATO口径の短距離向けセミオート狙撃銃の公募開始 (2020-04-03 19:15)
 アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画 (2020-04-01 21:30)
 アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定 (2020-03-31 21:49)
 アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ (2020-03-30 18:22)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop