NEWS

アメリカ海軍が部隊パッチの着用を迷彩作業服において許可

海外軍事 Comments(0)
アメリカ海軍が部隊パッチの着用を迷彩作業服において許可
Photo from U.S. Navy
これまで、アメリカ海軍の兵士が使用する迷彩作業服(NWU)では、右肩のリバースフラッグ、左肩の「ファースト・ネイビー・ジャック (First Navy Jack)」以外のパッチ着用は認められていなかった。しかし2019年3月25日に出されたNAVADMIN 075/19において服装規定の改定が告知され、左肩に基地や搭乗艦のパッチを着用できるようになった。

関連記事:
8ヶ月に渡る論争の末、SEALsで「Don't Tread on Me」パッチが追加調達へ
着用できるパッチは縦2.25インチ、横4インチのものでNWUのカラースキームに合った低視認性のもの。着用は部隊指揮官が認めた場合に限られ、右胸に基地・搭乗艦のロゴなどを着用している場合は着用できない。なお「個人の裁量で購入できる」という扱いで、必ずしも所有が義務付けられているものではない。

既にいくつかの部隊でパッチがデザインされ、着用が開始されている。こちらは米海軍横須賀基地のもの。富士山をバックにアーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦が描かれている。
アメリカ海軍が部隊パッチの着用を迷彩作業服において許可
Photo from U.S. Navy

こちらは空母ジョージ・ワシントンのパッチ。独立戦争でアメリカ軍を率いた司令官にして初代大統領、ジョージ・ワシントンが掲げた司令部旗に由来する。
アメリカ海軍が部隊パッチの着用を迷彩作業服において許可
Photo from U.S. Navy

Source: NAVADMIN 075/19, CFAY Reveals First Command NWU III Shoulder Patch, Navy Commands Begin to Roll Out Custom Patches for Camouflage Uniforms | Military.com

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201907
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
中国人民解放軍の新型自動小銃が建国70周年の国慶節で目撃される
ロシア国営「ロステック」社が新口径の小火器開発を視野に、米軍の6.8mm「NGSW」開発を注視
L3ハリス社が米陸軍に「ゲームチェンジャー」な新型ネットワーク式夜間暗視ゴーグル『ENVG-B』の初期納入を開始
米海軍クレーンが『M110K1』の6.5mm CRDMR変換キット新型アッパーのアッセンブリー取得に向けRFI発出
メキシコの無法地帯では、麻薬カルテルによる不気味な武装ピエロが徘徊している
ポーランド警察が「ベレッタAPX」ピストル×4,666挺購入
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 中国人民解放軍の新型自動小銃が建国70周年の国慶節で目撃される (2019-10-21 17:37)
 ロシア国営「ロステック」社が新口径の小火器開発を視野に、米軍の6.8mm「NGSW」開発を注視 (2019-10-18 17:07)
 L3ハリス社が米陸軍に「ゲームチェンジャー」な新型ネットワーク式夜間暗視ゴーグル『ENVG-B』の初期納入を開始 (2019-10-16 18:38)
 米海軍クレーンが『M110K1』の6.5mm CRDMR変換キット新型アッパーのアッセンブリー取得に向けRFI発出 (2019-10-11 12:16)
 メキシコの無法地帯では、麻薬カルテルによる不気味な武装ピエロが徘徊している (2019-10-10 17:33)
 ポーランド警察が「ベレッタAPX」ピストル×4,666挺購入 (2019-10-10 16:01)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop