NEWS

米海兵隊が一部の部隊に「グロック19M」を配備と公表

海外軍事 Comments(0)
グロック社の中型拳銃、グロック19は海兵隊特殊部隊をはじめ様々な軍・司法執行機関で採用されているが、今回海兵隊は第4.5世代にあたるグロック19Mを一部部隊に2017年5月から配備されていたことを公表した。

関連記事:
MARSOC 制式ハンドガンを 9mm 口径の「グロック19」に一本化へ - ミリブロNews
今回配備されたグロック19Mはいわゆる司法執行機関向けモデル。フィンガーグルーブの無いフレームやフレアしたマグウェル部分など、その後リリースされた第5世代モデルと多くの特徴が共通している。先日FBIが調達した際に、同時発注をかける形で配備までの時間を短縮したという。

関連記事:
法執行機関向け「グロック17M」の写真がリーク - ミリブロNews
グロック社・フレーム形状を一新した「第5世代」のグロック17・19を発表 - ミリブロNews

このグロック19Mは「M007(エムダブルオーセブン)」の制式番号が与えられ、現在憲兵の犯罪捜査ユニットや、大統領をはじめVIPを移送するヘリコプター部隊HMX-1の要員など、コンシールキャリーが必要な人員に支給されているという。

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201711
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米陸軍特殊部隊の教育施設「J.F.K.特殊戦センター」が約5億ドルの予算で施設更新中
B&T USA社のサイレンサー内蔵ピストルキャリバーカービン「APC-SD」をニューヨーク州の郡警察が採用
今度は牛肉!「ブラックウォーター」ブランドを使ったプリンス氏の新事業『Blackwater Beef』
ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』
FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注
E&Lエアソフトが公用向けにペイント弾バージョンの『QBZ-95』自動小銃をリリース
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米陸軍特殊部隊の教育施設「J.F.K.特殊戦センター」が約5億ドルの予算で施設更新中 (2018-12-12 16:46)
 B&T USA社のサイレンサー内蔵ピストルキャリバーカービン「APC-SD」をニューヨーク州の郡警察が採用 (2018-12-11 18:46)
 今度は牛肉!「ブラックウォーター」ブランドを使ったプリンス氏の新事業『Blackwater Beef』 (2018-12-11 14:40)
 ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』 (2018-12-10 16:17)
 FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注 (2018-12-10 13:38)
 E&Lエアソフトが公用向けにペイント弾バージョンの『QBZ-95』自動小銃をリリース (2018-12-07 11:55)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop