NEWS

米司法省・刑務局がグロック社の2018年クロスオーバー新モデル『G19X』の調達を計画

海外軍事 Comments(0)
米司法省・刑務局がグロック社の2018年クロスオーバー新モデル『G19X』の調達を計画
Screenshot from Glock YouTube channel
米司法省隷下の刑務局(Bureau of Prisons)が、新型グロック(Glock)ピストルの調達を検討している。
カリフォルニア州アトウォーター刑務所(U.S. Penitentiary Atwater CA)からの要求として上がっており、同社2018年の新製品である『グロック G19X(GLOCK G(TBD) 19X Black Gen5-9mm)』が名指しされている。
GLOCK 19X - Crossover to Confidence
「X」は「クロスオーバー」を意味しており、全長の短い「グロック19」のスライドと、「グロック17」などのフルサイズ用フレームを組み合わせていることに由来している。

軍制式ハンドガン「MHS」トライアルに提出されたものと極めて近い仕様と言われ、基本的なデザインは既に発売されている第5世代の製品と同じく、操作系はアンビ式、グリップはストレートなもの、マグウェル部分はフレアした新式のフレームになっている。

関連記事:
グロック社「グロック19X」ほか第5世代グロックの新製品を発表

グロックとしては初めてのカラードフレームでお披露目されているが、今回刑務局からは『ブラック』が指定カラー(※)となっている。

※訂正:
2018年9月11日の変更公告において、『コヨーテ』カラーの指定に変更されました。

なお、今回明らかとなった情報ではG19Xのみならず、下記要件に沿う同等品があればコンペに参加できることも示されている。

〇フルサイズフレームとコンパクトスライドの組み合わせであること
〇硝酸化溶剤物理気相成長法(nPVD: Nitrated Base Physical Vapor Disposition)耐食性コーティングが施されていること
〇改良されたポリゴナル・バレル・ライフリングを採用したマークスマンバレルを備えること
〇左右対応のスライドストップレバー
〇フィンガーグルーブは無し
〇交換式のバックストラップ
〇リバーシブルのマガジンリリース
〇17発標準弾倉
〇ナイトサイト装備
〇チャンバー装填インジケーター
〇外付けサムセイフティは不要
〇ストライカー式ダブルアクション …など


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
70歳になってからタリバン掃討作戦に参加した歴戦のCIAコントラクターが存在する
USマーシャルの特殊作戦グループがSTI社のハイキャパシティオートを制式拳銃に採用
米シークレットサービスが第5世代グロック19を新たに制式拳銃として採用
米空軍が戦闘機パイロットの前立腺ガン罹患率を調査
僅か50ミリ秒で獲物の動きに反応して95%の確率で狩りを成功させる『トンボ』から学ぶ新型ミサイルの研究
ハイスピードギア社がH&K社の分隊選抜射手小銃(SDMR)契約の一環で「TACO」ポーチ×3万個を供給
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 70歳になってからタリバン掃討作戦に参加した歴戦のCIAコントラクターが存在する (2019-08-22 11:04)
 USマーシャルの特殊作戦グループがSTI社のハイキャパシティオートを制式拳銃に採用 (2019-08-20 11:00)
 米シークレットサービスが第5世代グロック19を新たに制式拳銃として採用 (2019-08-09 12:34)
 米空軍が戦闘機パイロットの前立腺ガン罹患率を調査 (2019-08-08 14:59)
 僅か50ミリ秒で獲物の動きに反応して95%の確率で狩りを成功させる『トンボ』から学ぶ新型ミサイルの研究 (2019-08-08 14:41)
 ハイスピードギア社がH&K社の分隊選抜射手小銃(SDMR)契約の一環で「TACO」ポーチ×3万個を供給 (2019-08-06 17:34)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop