NEWS

米軍SOCOMがセミオート狙撃銃の次期弾薬に6.5mmクリードモアを選定

海外軍事 Comments(0)

Photo from USASOC
アメリカ軍特殊作戦司令部は、既存の7.62mm弾に替わる中間弾薬について、6.5クリードモアを採用する。7.62mm弾は近年、長距離での性能不足が指摘されており、これを陸軍特殊部隊は複数の候補を選定。2017年から.260レミントンと6.5mmクリードモアに絞り選定を続けていた。
2017年5月の発表時のスライド。.260レミントン、6.5mmクリードモアとも7.62mm弾を超える性能を見せている。

Image from USASOC
Click to enlarge

この時点から判明していた通り、両弾薬の命中精度、信頼性は同等であった。しかし最終的には6.5クリードモアのほうが性能に余裕があり、将来性があるとされたようだ。

新弾薬のために新型狙撃銃が採用されることはなく、今後M110やCSASSといった7.62mm口径のセミオート狙撃銃が順次6.5mmクリードモア弾薬を使用するように改修されていく見込み。先日開催された米陸軍特殊部隊主催の年次国際スナイパー競技会にて、6.5クリードモア使用に改修されたM110が目撃されている。他にもFN Mk20(SCAR-H)の6.5CM仕様も見られたようだ。

参考:米陸軍特殊部隊の年次国際スナイパー競技会で「グリーンベレー」第1特殊部隊グループのチームが優勝 - ミリブロNews
参考:米軍SOCOMが6.5mm口径のセミオート狙撃銃の採用を検討か - ミリブロNews
Source: USSOCOM Adopts 6.5 Creedmoor - Soldier Systems Daily

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201804
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米税関・国境警備局がグロック47をはじめ第5世代グロック3機種を採用
米陸軍 6.8mm口径の次世代分隊火器(NGSW)を2021年秋から実地試験開始
USSOCOMが新型戦闘ヘルメット(FTHS)に『Ops-Core FAST SF』を購入。最大9,500万ドルの契約
B&T USAがインディアナ州レイク郡の保安官事務所向け『MP9 9mm SMG』の供給契約を獲得
米海軍海上戦闘センター・クレーン局(NSWC-CD)が特殊部隊スナイパー用スコープ『AP-VPS』の情報提供を呼び掛け
ウクライナRoboneersの無人陸上戦闘車輌『Zhook』
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米税関・国境警備局がグロック47をはじめ第5世代グロック3機種を採用 (2019-04-19 20:12)
 米陸軍 6.8mm口径の次世代分隊火器(NGSW)を2021年秋から実地試験開始 (2019-04-16 19:10)
 USSOCOMが新型戦闘ヘルメット(FTHS)に『Ops-Core FAST SF』を購入。最大9,500万ドルの契約 (2019-04-15 16:48)
 B&T USAがインディアナ州レイク郡の保安官事務所向け『MP9 9mm SMG』の供給契約を獲得 (2019-04-10 13:30)
 米海軍海上戦闘センター・クレーン局(NSWC-CD)が特殊部隊スナイパー用スコープ『AP-VPS』の情報提供を呼び掛け (2019-04-10 12:49)
 ウクライナRoboneersの無人陸上戦闘車輌『Zhook』 (2019-04-09 19:42)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop