NEWS

「ロシアがドンバスで『目潰し用レーザー装置』を試用している」ウクライナが非難

海外軍事 Comments(0)

Photo from Державна прикордонна служба України
This photo is for illustrative purposes only.
ウクライナの軍・国境警備部隊が、「ロシア(を後ろ盾に持つ武装勢力)が東部のドンバスで、国際的にも禁止されているはずの『目潰し用レーザー装置(blinding laser devices)』を使っている」として非難している。国内英字紙「キーウ・ポスト」が伝えた。

関連記事:
「中国の兵士は目潰し用のレーザー銃を持っている」米保守系ニュースが「条約違反」を提起
「1平方センチメートル当たり2.5ミリワット」を超える放射出力を持つ装置は、ヒトの目に重度の傷害または失明さえも引き起こす可能性がある。そのため国連では1995年に「目潰し用のレーザー装置」に関する議定書を発効しており、その利用が禁止されている。

「ここ数年、国境警備に当たっている複数名の隊員が、双眼鏡などで監視活動をおこなっていた際に、レーザー照射を受ける被害が相次いでいる」とのことで、当局スポークスマンは「ロシアが後ろ盾となっていることは疑いの余地がない」「ロシアがドンバスで新しい武器のテストの場として利用していることは公然の事実だ」と語気を強めて批判している。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米海兵隊の次世代個人携行用浄水システム『IWPS II』
カナダ軍が国産迷彩『CADPAT』から米国『MultiCam』への切り替えを検討。識者は血税の無駄遣いと反論
ノルウェー警察が一部機関の標準サービスピストルに『SIG P320 X』シリーズを採用
コルトとFNアメリカが「M4」「M4A1」生産のため、米陸軍から現行契約からの変更を受注
米陸軍が旅団戦闘チームに再補給無しで『7日間』戦える体制を企図。3Dプリンタ等の先進技術がカギ
「あらゆるセンサーに検出されない」米陸軍の次世代迷彩システム(ULCANS)にイスラエル発祥の企業が受注獲得
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米海兵隊の次世代個人携行用浄水システム『IWPS II』 (2018-11-15 12:50)
 カナダ軍が国産迷彩『CADPAT』から米国『MultiCam』への切り替えを検討。識者は血税の無駄遣いと反論 (2018-11-13 13:50)
 ノルウェー警察が一部機関の標準サービスピストルに『SIG P320 X』シリーズを採用 (2018-11-12 15:42)
 コルトとFNアメリカが「M4」「M4A1」生産のため、米陸軍から現行契約からの変更を受注 (2018-11-12 14:17)
 米陸軍が旅団戦闘チームに再補給無しで『7日間』戦える体制を企図。3Dプリンタ等の先進技術がカギ (2018-11-09 18:47)
 「あらゆるセンサーに検出されない」米陸軍の次世代迷彩システム(ULCANS)にイスラエル発祥の企業が受注獲得 (2018-11-09 13:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop