故ミハイル・カラシニコフ氏の子息、銃器デザイナーの『ヴィクトル・カラシニコフ』氏が死去。享年75歳

海外軍事 エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)

Photo from Wikimedia Commons
「AK-47」アサルトライフルを開発した「ミハイル・カラシニコフ(Mikhail Kalashnikov)」氏の子息、『ヴィクトル・カラシニコフ(Viktor Kalashnikov)』氏が27日に死去した。「カラシニコフ・イジェフスク技術大学」広報課が翌28日付で発表。死因は明らかになっていない。
(1952創設の同大学は、60周年を迎えた2012年に「カラシニコフ」の名を冠していている)

Photo from Wikimedia Commons
ヴィクトル氏は、1942年7月16日に父ミハイル氏と後妻との間に誕生。ミハイル氏と後妻は4人の子宝に恵まれており、男子はヴィクトル氏のみ。

関連記事:
自動小銃 AK-47 生みの親「ミハイル・カラシニコフ」氏が死去、94 歳

1966年にイジェフスクの機械研究所を卒業し、同機械工場に就職。主任設計局の下で新製品の開発に携わり、信頼性・耐久性の改善に大きく貢献している。
また、セルフローディング式の狩猟用ライフルやカラシニコフ式機関銃の開発にも参加。AN-94 "アバカン" アサルトライフルや、Bizon-2、Vityaz-SNサブマシンガンの設計に携わっている。

カラシニコフ社(Kalashnikov Concern)によると、ヴィクトル氏の遺体は30日にも地元イジェフスクの墓地に埋葬されるという。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米陸軍特殊部隊の教育施設「J.F.K.特殊戦センター」が約5億ドルの予算で施設更新中
B&T USA社のサイレンサー内蔵ピストルキャリバーカービン「APC-SD」をニューヨーク州の郡警察が採用
今度は牛肉!「ブラックウォーター」ブランドを使ったプリンス氏の新事業『Blackwater Beef』
ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』
FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注
E&Lエアソフトが公用向けにペイント弾バージョンの『QBZ-95』自動小銃をリリース
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米陸軍特殊部隊の教育施設「J.F.K.特殊戦センター」が約5億ドルの予算で施設更新中 (2018-12-12 16:46)
 B&T USA社のサイレンサー内蔵ピストルキャリバーカービン「APC-SD」をニューヨーク州の郡警察が採用 (2018-12-11 18:46)
 今度は牛肉!「ブラックウォーター」ブランドを使ったプリンス氏の新事業『Blackwater Beef』 (2018-12-11 14:40)
 ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』 (2018-12-10 16:17)
 FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注 (2018-12-10 13:38)
 E&Lエアソフトが公用向けにペイント弾バージョンの『QBZ-95』自動小銃をリリース (2018-12-07 11:55)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop