NEWS

【WW2兵器】ドイツ国防軍が計画した幻の1000トン戦車「ラーテ」

海外軍事 Comments(0)
イギリスのタブロイドDAILY STARが、第二次大戦中にドイツ国防軍が計画していた超巨大戦車「ラーテ(Ratte)」に関する記事を掲載した。


「ラーテ」はヒトラーからの勅命でドイツが開発したLandkreuzer P1000(陸上巡洋艦P1000)の秘匿名称。「rat(ネズミ)」のドイツ語読みとなる。
全長39m、全幅14m、全高11m、装甲厚150〜360mm、乗務員数20〜40名、そして重量約1,000トンというケタ違いの大きさで、マウス(188トン)よりもはるかに巨大。「陸上戦艦」とも呼ばれることもある。

2連装砲塔はシャルンホルスト級戦艦の主砲塔(54.5口径28.3cm)を改装したものが搭載される予定だった。

軍需大臣アルベルト・シュペーアにより1944年に計画は中止されたが、もし製造されたとしてもその途方もない重量から渡河や地盤によって行動が制限されたであろうと述べられており、「ヒトラーの妄想と自己満足の産物」と結論づけてもいる。

Text: 乾宗一郎 - FM201612

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』
FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注
E&Lエアソフトが公用向けにペイント弾バージョンの『QBZ-95』自動小銃をリリース
「無施錠」のカウンティ―(郡)シェリフ刑事車輌からSWAT装備と『AT308』狙撃銃&『SIG P226』拳銃が盗難
パキスタンとの争いを背景にインドが陸海空の特殊部隊から選抜する精鋭ユニット『局所攻撃部隊』創設を検討
エストニア軍の新制式小銃に米国『ルイス・マシーン・アンド・ツール(LMT)』社が受注獲得
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』 (2018-12-10 16:17)
 FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注 (2018-12-10 13:38)
 E&Lエアソフトが公用向けにペイント弾バージョンの『QBZ-95』自動小銃をリリース (2018-12-07 11:55)
 「無施錠」のカウンティ―(郡)シェリフ刑事車輌からSWAT装備と『AT308』狙撃銃&『SIG P226』拳銃が盗難 (2018-12-06 12:11)
 パキスタンとの争いを背景にインドが陸海空の特殊部隊から選抜する精鋭ユニット『局所攻撃部隊』創設を検討 (2018-12-05 15:10)
 エストニア軍の新制式小銃に米国『ルイス・マシーン・アンド・ツール(LMT)』社が受注獲得 (2018-12-05 12:42)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop