NEWS

【WW2兵器】ドイツ国防軍が計画した幻の1000トン戦車「ラーテ」

海外軍事 Comments(0)
イギリスのタブロイドDAILY STARが、第二次大戦中にドイツ国防軍が計画していた超巨大戦車「ラーテ(Ratte)」に関する記事を掲載した。


「ラーテ」はヒトラーからの勅命でドイツが開発したLandkreuzer P1000(陸上巡洋艦P1000)の秘匿名称。「rat(ネズミ)」のドイツ語読みとなる。
全長39m、全幅14m、全高11m、装甲厚150〜360mm、乗務員数20〜40名、そして重量約1,000トンというケタ違いの大きさで、マウス(188トン)よりもはるかに巨大。「陸上戦艦」とも呼ばれることもある。

2連装砲塔はシャルンホルスト級戦艦の主砲塔(54.5口径28.3cm)を改装したものが搭載される予定だった。

軍需大臣アルベルト・シュペーアにより1944年に計画は中止されたが、もし製造されたとしてもその途方もない重量から渡河や地盤によって行動が制限されたであろうと述べられており、「ヒトラーの妄想と自己満足の産物」と結論づけてもいる。

Text: 乾宗一郎 - FM201612

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
光学照準器市場で初の「拡張現実(AR)感」を持った『メプロ・フォーサイト(Mepro Foresight)』
米海軍海上戦闘センター・クレーン局が『精密可変倍率スコープ(P-VPS)』最大3,000セットの取得を計画
インドがパキスタンに対抗し「ベレッタ」と「バレット」製の長距離スナイパーライフルを緊急調達
L3テクノロジーズ社の『地上全景暗視ゴーグル(GPNVG)』が「国際スパイ博物館」のイノベーション賞を獲得
ポーランド警察がスロベニア「アレックス社」製の新型ピストル『REX Zero 1 CP』×965挺を受領
アフリカ・ガーナの「カンタンカ・グループ」が『装甲強化外骨格』を展示
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 光学照準器市場で初の「拡張現実(AR)感」を持った『メプロ・フォーサイト(Mepro Foresight)』 (2019-01-17 11:21)
 米海軍海上戦闘センター・クレーン局が『精密可変倍率スコープ(P-VPS)』最大3,000セットの取得を計画 (2019-01-16 12:48)
 インドがパキスタンに対抗し「ベレッタ」と「バレット」製の長距離スナイパーライフルを緊急調達 (2019-01-15 13:39)
 L3テクノロジーズ社の『地上全景暗視ゴーグル(GPNVG)』が「国際スパイ博物館」のイノベーション賞を獲得 (2019-01-11 17:51)
 ポーランド警察がスロベニア「アレックス社」製の新型ピストル『REX Zero 1 CP』×965挺を受領 (2019-01-10 16:15)
 アフリカ・ガーナの「カンタンカ・グループ」が『装甲強化外骨格』を展示 (2019-01-09 16:23)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop