NEWS

あわや「ヘッドショット」。クルド女性防衛部隊スナイパーがカウンター攻撃された瞬間の映像

海外軍事 Comments(0)
海外の戦時映像投稿サイトに、あわや「ヘッドショット」の瞬間が紹介された。

映像は、シリア北部のラッカで撮影されたものとみられている。ラッカはダーイシュ(Daesh, IS, Islamic State, ISIS, ISIL)が「首都」と称しており、その討伐作戦における最後の砦で、ここ数日、連合軍による攻撃は激しさを増していることが伝えられている。
クルド人の女性武装集団である「婦人防衛部隊(YPJ: Yekîneyên Parastina Jin)」のスナイパーが、建屋の窓越しにダーイシュ陣営を狙撃。そのタイミングを見計らったかのように、敵スナイパーがカウンターで狙い撃っている。

敵スナイパーの狙撃は、幸運にもほんの僅かに逸れて壁に着弾。その様子がはっきりと映し出さている。

生死の境を分けた恐怖の瞬間を味わったにもかかわらず女性スナイパーは、あまりにも唐突だったためか、はたまた「戦場」という異質な環境の為か、そのことを微塵も感じさせず笑顔すら見せている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
光学照準器市場で初の「拡張現実(AR)感」を持った『メプロ・フォーサイト(Mepro Foresight)』
米海軍海上戦闘センター・クレーン局が『精密可変倍率スコープ(P-VPS)』最大3,000セットの取得を計画
インドがパキスタンに対抗し「ベレッタ」と「バレット」製の長距離スナイパーライフルを緊急調達
L3テクノロジーズ社の『地上全景暗視ゴーグル(GPNVG)』が「国際スパイ博物館」のイノベーション賞を獲得
ポーランド警察がスロベニア「アレックス社」製の新型ピストル『REX Zero 1 CP』×965挺を受領
アフリカ・ガーナの「カンタンカ・グループ」が『装甲強化外骨格』を展示
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 光学照準器市場で初の「拡張現実(AR)感」を持った『メプロ・フォーサイト(Mepro Foresight)』 (2019-01-17 11:21)
 米海軍海上戦闘センター・クレーン局が『精密可変倍率スコープ(P-VPS)』最大3,000セットの取得を計画 (2019-01-16 12:48)
 インドがパキスタンに対抗し「ベレッタ」と「バレット」製の長距離スナイパーライフルを緊急調達 (2019-01-15 13:39)
 L3テクノロジーズ社の『地上全景暗視ゴーグル(GPNVG)』が「国際スパイ博物館」のイノベーション賞を獲得 (2019-01-11 17:51)
 ポーランド警察がスロベニア「アレックス社」製の新型ピストル『REX Zero 1 CP』×965挺を受領 (2019-01-10 16:15)
 アフリカ・ガーナの「カンタンカ・グループ」が『装甲強化外骨格』を展示 (2019-01-09 16:23)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop