NEWS

CIAのスパイ1名がイランで逮捕

海外軍事 Comments(0)
CIAのスパイ1名がイランで逮捕イラン情報省は17日、イラン領内で諜報活動をおこなっていた米国の諜報機関 CIA (Central Intelligence Agency:米国中央情報局) に関わりのあるスパイ 1名を特定、逮捕したことを発表した。

逮捕されたスパイについて、イランの情報省は、米国諜報局および、アフガニスタン、イラクでの活動履歴を持つ者としている。CIA スパイの逮捕劇は、アフガニスタンのバグラム空軍基地で計画中の対イラン活動において特定したとし、イラン領内へ入ったところで逮捕している。

イラン国営放送 IRIB (Islamic Republic of Iran Broadcasting) によると、米国はこれまでにもイランに対して数多くのスパイ活動をおこなってきたが、いずれも全て陰謀は失敗に終わったとして、今回の成果に自信を見せている。

今回のイラン情報省によるCIAスパイの活動については、その活動内容の詳細が明らかにされていないが、イランに対するスパイ活動の暗躍については、昨年に報じられた、イラン・ナタンズ核燃料施設のウラン濃縮活動に対する「STUXNET (スタックスネット)」と呼ばれるウィルス攻撃が記憶に新しいところ。

この時は、イスラエルの諜報機関、"モサド" の関与が噂され、ナタンズ核燃料施設がインターネットと接触していないクローズな環境下にあったことからも、施設内部へ侵入したスパイの存在が噂されている。

イランの核開発を発端に、米国の最新鋭無人ステルス偵察機 RQ-170 Sentinel が鹵獲 (ろかく) されるなど、米国・イランを巡る対立の様相が一段と厳しくなり、緊迫の情勢が続いている。

Islamic Republic of Iran Broadcasting 2012/12/18

過去の「米国・イラン情勢」に関連する記事:
米空軍、最新鋭UAV「復讐者」をアフガン配備。イランを対象か
イラン核施設、サイバー兵器でウィルス感染=イスラエル関与か


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ARA社がHUDと拡張現実(AR)を使った最先端システム『ARC4』をSOFICで紹介
MARSOC新プロモーション映像の製作主要事業者にコロニアル・システムズ社が選定
SOFIC 2019で統合化された戦術強襲用軽量オペレータースーツ(TALOS)計画のプロトタイプが紹介
四眼ナイトビジョン「GPNVG」の次世代モデルが『五眼』に?!サーマル、拡張現実(AR)、無線通信に対応
インドが迅速手続の下で国産『INSAS LMG』リプレイスのためブルガリア、イスラエル、韓国に調査団を派遣
エストニア軍の新制式小銃コンペでSIGが追加抗告を断念。LMT製品に遠隔武器管理システムが搭載へ
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ARA社がHUDと拡張現実(AR)を使った最先端システム『ARC4』をSOFICで紹介 (2019-05-24 13:32)
 MARSOC新プロモーション映像の製作主要事業者にコロニアル・システムズ社が選定 (2019-05-23 12:11)
 SOFIC 2019で統合化された戦術強襲用軽量オペレータースーツ(TALOS)計画のプロトタイプが紹介 (2019-05-22 19:35)
 四眼ナイトビジョン「GPNVG」の次世代モデルが『五眼』に?!サーマル、拡張現実(AR)、無線通信に対応 (2019-05-22 14:40)
 インドが迅速手続の下で国産『INSAS LMG』リプレイスのためブルガリア、イスラエル、韓国に調査団を派遣 (2019-05-22 13:12)
 エストニア軍の新制式小銃コンペでSIGが追加抗告を断念。LMT製品に遠隔武器管理システムが搭載へ (2019-05-20 15:23)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop