NEWS

英・特殊部隊 SAS スナイパー、1Km 先の壁を貫通させて狙撃。3 名の敵戦闘員を排除し 20 名の市民を解放

海外軍事 Comments(0)
イラクで展開中の英陸軍特殊部隊 SAS (Special Air Service: 陸軍特殊空挺部隊) のスナイパーが、1 キロメートル離れたところから建屋に立て籠もっていた複数名のダーイッシュ (IS, Islamic State, ISIS, ISIL) 戦闘員の排除に成功した。英紙デイリー・スター (Daily Star) が伝えた。

関連記事:
オーストラリア軍スナイパーがアフガンで最長距離の狙撃を成功
1,340m の狙撃実績を持つ英軍狙撃手が今度は 1 発で 6 名の敵排除に成功
南ア特殊部隊スナイパー、コンゴ反政府組織「M23」メンバーを 2 Km 超から狙撃成功

舞台となったのは、イラク中央にあるアンバール県の都市ラマディ。激戦が繰り広げられているこの市街地で、英雄的活躍をした当該 SAS の「曹長 (staff sergeant) 」は、イラク陸軍の軍事顧問として活動していたエリートチームのメンバー。

建屋の中には爆弾を持ったダーイッシュ戦闘員の潜伏が確認されており、空爆やロケット攻撃といった選択肢も考えられていた。しかしそうした攻撃手法を使った場合に、「人間の盾」となった多数の罪無き人々の巻き添えが懸念されていた。

そこで状況を打破するために考えられたのが、「壁を貫通させての狙撃」だった。

SAS スナイパーは問題の建屋から 1,000 メートルほど離れた別の建屋に上り、敵の拠点を目掛けて発砲。仲間の隊員 3 名が 6 つの弾倉サポートをおこなう中、30 発ほど放たれた内の 1 発が、敵の潜む建屋の壁を完璧なまでに破壊した。
使用された「50 口径のバレット・ライト (Barrett Light .50 cal rifle) 」は、10 発の弾丸供給を可能とする大容量の弾倉と、最大で 1,800 メートルの射程を持ち、車輌や軽装甲をも破壊することが可能。

後に SAS とイラク軍がその建屋を襲撃したところ、内部はアーマーピアシング弾によって 10 インチ (=約 25 センチメートル) の壁を貫通する壊滅的な効果の下、ターゲットとなったダーイッシュ戦闘員らが壁諸共に粉砕され、内部一面がカオスな状況になっていたという。

この攻撃でダーイッシュ戦闘員 3 名が死亡、20 名ほどの一般市民が解放されたとしている。

Daily Star Sunday 2016/01/03

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米税関・国境警備局がグロック47をはじめ第5世代グロック3機種を採用
米陸軍 6.8mm口径の次世代分隊火器(NGSW)を2021年秋から実地試験開始
USSOCOMが新型戦闘ヘルメット(FTHS)に『Ops-Core FAST SF』を購入。最大9,500万ドルの契約
B&T USAがインディアナ州レイク郡の保安官事務所向け『MP9 9mm SMG』の供給契約を獲得
米海軍海上戦闘センター・クレーン局(NSWC-CD)が特殊部隊スナイパー用スコープ『AP-VPS』の情報提供を呼び掛け
ウクライナRoboneersの無人陸上戦闘車輌『Zhook』
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米税関・国境警備局がグロック47をはじめ第5世代グロック3機種を採用 (2019-04-19 20:12)
 米陸軍 6.8mm口径の次世代分隊火器(NGSW)を2021年秋から実地試験開始 (2019-04-16 19:10)
 USSOCOMが新型戦闘ヘルメット(FTHS)に『Ops-Core FAST SF』を購入。最大9,500万ドルの契約 (2019-04-15 16:48)
 B&T USAがインディアナ州レイク郡の保安官事務所向け『MP9 9mm SMG』の供給契約を獲得 (2019-04-10 13:30)
 米海軍海上戦闘センター・クレーン局(NSWC-CD)が特殊部隊スナイパー用スコープ『AP-VPS』の情報提供を呼び掛け (2019-04-10 12:49)
 ウクライナRoboneersの無人陸上戦闘車輌『Zhook』 (2019-04-09 19:42)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop