NEWS

メキシコ「麻薬王」の身柄を再確保、「ブラック・スワン作戦」に JSOC 麾下「デルタフォース」が関与か

海外軍事 Comments(0)
メキシコ 2 大麻薬密売組織の内の 1 つ、「シナロア・カルテル (CDS: Cártel de Sinaloa) 」の最高幹部で、昨年に収監中の刑務所から脱走したホアキン・グスマン (Joaquín Guzmán, a.k.a. El Chapo, エル・チャポ) 受刑者の身柄が、激しい銃撃戦の末に再確保された。過去にも脱獄の経験を持つこの同受刑者の捕縛については、既に一般ニュースでも報じられている通りだが、海外では興味深い別のエピソードが報じられている。

関連記事:
メキシコ「麻薬戦争」でカルテルが淘汰、現在は二大勢力が生き残り
米国の特殊部隊情報サイト「SOFREP」は、複数の情報筋の話として、今回の作戦に米国の統合特殊作戦コマンド (JSOC: Joint Special Operations Command) から陸軍最精鋭部隊「デルタフォース (Delta Force) 」と、同国の法執行機関 (DEA) が関与していることを明かした。

関連記事:
IS 人質救出作戦で米特殊部隊「デルタフォース (Delta Force) 」隊員に犠牲者。作戦時の映像が公開

また、SOFREP の記事をソースとして、ワシントンポストでは、昨秋発売された JSOC のシークレットに迫るシーン・ナイロー (Sean Naylor) 氏の著書「リレントレス・ストライク (Relentless Strike) 」や、1993 年 12 月 2 日に実行された「パブロ・エスコバル捕獲作戦 (Operation Heavy Shadow) 」を例にし紹介している。「オペレーション・ヘヴィーシャドー」では、電話通信の監視 ( phone surveillance) で発見されたエスコバル容疑者が、デルタフォースらの襲撃により殺害されたとされるが、元・デルタフォース隊員として長年活躍していた、ウィリアム・ジェリー・ボイキン (William "Jerry" Boykin) 退役中将が、2008 年に出版した自身の著書の中でこれを「否定」している。


SOFREP によると、今回のグスマン受刑者に対する作戦は、メキシコ政府により「ブラック・スワン (Black Swan) 」と名付けられていたとのことで、銃撃戦の末、麻薬組織の構成員 5 名が射殺され、6 名が負傷した他、海兵隊員 1 名が負傷している。また、デルタフォースについては、直接的な作戦そのものへの参加では無く、「戦術アドバイザー」であったと言及している。

SOFREP 2016/01/11
Washington Post 2016/01/11

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に
レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に (2018-10-16 16:15)
 レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中 (2018-10-16 12:18)
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
 ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し (2018-10-12 20:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop