NEWS

英陸軍特殊部隊 SAS が 75 年の歴史で初めてゲイであることを公表している兵士をリクルート

海外軍事 Comments(0)

Picture by LCpl Thomas Evans
Image is for illustration purposes only.
英国の複数のタブロイドニュースサイトは、大衆紙デイリースターをソースに、同国陸軍の精鋭兵士が集う特殊部隊 SAS (Special Air Service) において、75 年の歴史上初となるゲイであることを公表している兵士の加入を報じた。

関連記事:
ゲイであることを公表した初の現役 SEAL 隊員・Brett Jones 氏の自伝が発売
「トランスジェンダー」元 DEVGRU 隊員、米国防情報局主催「プライド月間」イベントで講演
当該隊員は、現在 27 歳の軍曹。保全上の問題で、名前については明かされていないが、18 歳で陸軍に入隊し、イラクやアフガニスタンでの派兵実績を持つとされる。

また、登山のエキスパートであり、スナイパーとしての訓練を受けているとのことで、2014 年の SAS 選抜に志願し、翌年にパスした 10 名の中の 1 名とされる。現在は連隊の G スコードロンに在籍しているとのこと。

男性パートナーと共に、SAS の拠点であるヘレフォード (Hereford) 在住であると報じられている。

国防省筋は「部隊の中で彼の性的区別 (sexuality) の核心が無い」としている。英軍では、2000 年にそれまでの軍の規則が改訂され、ゲイやレズビアン兵士の従事が認められている。

Daily Star Sunday 2016/04/03

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米税関・国境警備局がグロック47をはじめ第5世代グロック3機種を採用
米陸軍 6.8mm口径の次世代分隊火器(NGSW)を2021年秋から実地試験開始
USSOCOMが新型戦闘ヘルメット(FTHS)に『Ops-Core FAST SF』を購入。最大9,500万ドルの契約
B&T USAがインディアナ州レイク郡の保安官事務所向け『MP9 9mm SMG』の供給契約を獲得
米海軍海上戦闘センター・クレーン局(NSWC-CD)が特殊部隊スナイパー用スコープ『AP-VPS』の情報提供を呼び掛け
ウクライナRoboneersの無人陸上戦闘車輌『Zhook』
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米税関・国境警備局がグロック47をはじめ第5世代グロック3機種を採用 (2019-04-19 20:12)
 米陸軍 6.8mm口径の次世代分隊火器(NGSW)を2021年秋から実地試験開始 (2019-04-16 19:10)
 USSOCOMが新型戦闘ヘルメット(FTHS)に『Ops-Core FAST SF』を購入。最大9,500万ドルの契約 (2019-04-15 16:48)
 B&T USAがインディアナ州レイク郡の保安官事務所向け『MP9 9mm SMG』の供給契約を獲得 (2019-04-10 13:30)
 米海軍海上戦闘センター・クレーン局(NSWC-CD)が特殊部隊スナイパー用スコープ『AP-VPS』の情報提供を呼び掛け (2019-04-10 12:49)
 ウクライナRoboneersの無人陸上戦闘車輌『Zhook』 (2019-04-09 19:42)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop