NEWS

フランスMetravib社のレイル取り付け式「銃声検出システム」が競合他社との比較評価試験でトップを獲得

海外軍事 Comments(0)

Photo from Metravib
フランス企業の開発した「音響銃声検出システム(GDS: acoustic Gunshot Detection System)」が、競合他社製品との比較評価試験においてトップを獲得したことが分かった。

Photo from Metravib
開発を手掛けたのは、ACOEMグループ傘下「メトラビブ(Metravib)」社。同社の『PEARL』音響銃声検出システムは、検知・位置特定確率、およびその精度といった項目で最も優れたパフォーマンスを発揮し、競合他社の中で唯一、誤報・誤作動が無かったことが示されている。
またこの評価試験の中では、歩兵の運用能力を高めることを狙って、サーマルサイトや多機能ゴーグル、ヘッドアップディスプレイとの統合運用もおこなわれたとのこと。


Photo from Metravib
PEARLはピカティニー規格レイルへの取り付けに対応しており、アサルター、マシンガンナー、スナイパーでの運用がおこなえる。敵の発砲音を数秒の内に見つけ出し、極めて直感的な方法でその脅威の発生源を特定するという。
発砲場所の特定精度については、二乗平均平方根(RMS: Root Mean Squared)において方位角・高度角(AZ, Azimuth / EL, Elevation)±7.5度。都市部から山岳地帯まであらゆる地形に対応し、軍用(MIL-STD)規格準拠のタフ仕様となっており、市販の単三電池で駆動する。

Metravib社によると、システム自体は既に20年に渡って国連・NATO軍、欧州安全保障協力機構によって、イラクやアフガニスタン、バルカン半島、中央アフリカ、マリといった地域でのバトルプルーフ(戦闘実証)済だとしている。

関連記事:
米陸軍、個人携行型の狙撃探知システム「IGD」を配備開始

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に
レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に (2018-10-16 16:15)
 レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中 (2018-10-16 12:18)
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
 ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し (2018-10-12 20:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop