NEWS

米陸軍の「ゲームチェンジャー」な新装備『ENVG-B』が完全作戦能力(FOC)獲得へ。NGSWは絞り込み選定実施

海外軍事 Comments(0)
米陸軍の「ゲームチェンジャー」な新装備『ENVG-B』が完全作戦能力(FOC)獲得へ。NGSWは絞り込み選定実施
Photo from U.S. Army Acquisition Support Center (USAASC)
米陸軍将来司令部(AFC: Army Futures Command)のジョン・マレー(John M. Murray)大将がバージニア州フォートマイヤーでおこなわれた新装備展示の壇上で、「改良版の双眼式夜間暗視装置、『ENVG-B(Enhanced Night Vision Goggle-Binocular)』が7月31日にも完全作戦能力(FOC: Full Operational Capability)に達する」と明かした。
その第1陣はカンザス州フォート・ライリーの第1歩兵師団・第2機甲旅団戦闘チームの兵士に向けて配備される。

関連記事:
米陸軍が歩兵戦力向上の為、3年掛けて最新の夜間暗視ゴーグル『ENVG-B』×10,000セットの配備を計画
ENVG-Bは、「ナイトビジョン」と「サーマルセンサー」の両方の能力を備え、装着者に立体的な奥行きのある視覚を提供する。M4カービンを使って試したところ、100%の確率で射撃能力の改善がみられた他、ターゲットの検出能力は300%向上し、射撃時に掛かる時間は30~50%向上するなどが報告されている。そのため陸軍は「ゲームチェンジャーな製品だ」としてその配備に期待を寄せている。

米陸軍の「ゲームチェンジャー」な新装備『ENVG-B』が完全作戦能力(FOC)獲得へ。NGSWは絞り込み選定実施
Photo Credit: U.S. Army photo by Pfc. Matthew Marcellus
また開発中となっているもう1つの注目の新装備は、現行「M4カービン」「M249分隊支援火器(SAW)」からのリプレイスとなる6.8mm弾を使う「次世代分隊火器(NGSW: Next Generation Squad Weapon)」が挙げられる。

関連記事:
米陸軍が次世代分隊火器(NGSW)用の『射撃統制システム(S-FC)』の試作品開発を計画

これについてはデイビッド・ホドゥネ(David Hodne)准将が大手軍事メディア「ミリタリータイムズ」の取材に対して、「陸軍は8月までに2回目の試作機会通知(PON)に参加した幾つかの銃器メーカー(いずれの企業名も非公開)のプロトタイプによる実射試験で絞り込み選定(ダウンセレクト)をおこない、最大3社が次の試験段階へ進むだろう」「そして更なるテストを経て、2022会計年度の第1四半期までに勝利デザインを選定したい」と語っている。

なおNGSWについては、近接戦闘任務に従事する最前線の兵士×約10万名を対象に限って配備が進められる見込み。

関連記事:
5.56NATOからリプレイスを図る米陸軍の次世代『6.8mm弾』小銃はウェアラブル情報技術とも統合化

Source: Next-Gen Night Vision, Rifles Coming Soon, Army Reveals Timeline for Fielding New Infantry Weapons

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
70歳になってからタリバン掃討作戦に参加した歴戦のCIAコントラクターが存在する
USマーシャルの特殊作戦グループがSTI社のハイキャパシティオートを制式拳銃に採用
米シークレットサービスが第5世代グロック19を新たに制式拳銃として採用
米空軍が戦闘機パイロットの前立腺ガン罹患率を調査
僅か50ミリ秒で獲物の動きに反応して95%の確率で狩りを成功させる『トンボ』から学ぶ新型ミサイルの研究
ハイスピードギア社がH&K社の分隊選抜射手小銃(SDMR)契約の一環で「TACO」ポーチ×3万個を供給
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 70歳になってからタリバン掃討作戦に参加した歴戦のCIAコントラクターが存在する (2019-08-22 11:04)
 USマーシャルの特殊作戦グループがSTI社のハイキャパシティオートを制式拳銃に採用 (2019-08-20 11:00)
 米シークレットサービスが第5世代グロック19を新たに制式拳銃として採用 (2019-08-09 12:34)
 米空軍が戦闘機パイロットの前立腺ガン罹患率を調査 (2019-08-08 14:59)
 僅か50ミリ秒で獲物の動きに反応して95%の確率で狩りを成功させる『トンボ』から学ぶ新型ミサイルの研究 (2019-08-08 14:41)
 ハイスピードギア社がH&K社の分隊選抜射手小銃(SDMR)契約の一環で「TACO」ポーチ×3万個を供給 (2019-08-06 17:34)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop