「ブラックホーク・ダウン」最初に撃墜されたヘリ搭乗のデルタフォース・スナイパーが死去

海外軍事 映画・テレビ Comments(0)
「ブラックホーク・ダウン」最初に撃墜されたヘリ搭乗のデルタフォース・スナイパーが死去
Photo from U.S. Army
映画「ブラックホーク・ダウン(Black Hawk Down)」で描かれたソマリアの「モガディシュの戦闘(Battle of Mogadishu)」に米陸軍特殊部隊デルタフォース(1st SFOD-D)のスナイパーとして参戦し、最初に撃墜されたブラックホークヘリ「スーパー61」に搭乗していたジェイムズ・マクマーン(James P. McMahon)氏が、2019年11月5日に64歳で他界したことを米イリノイ州ロックフォードの地方紙:Rockford Register Starが報じた。葬儀は家族や友人・戦友らによって執り行われ、ロックフォードの聖マリアカトリック墓地に埋葬された。死因については公表されていない。

関連記事:
ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮
ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」から25年。新たな証言を基に執筆された書籍が発売
映画の原作となったマーク・ボウデン著「Black Hawk Down: A Story of Modern War(邦題:ブラックホーク・ダウン アメリカ最強特殊部隊の戦闘記録)」の一節にも登場しているマクマーン氏は、高校卒業後に米陸軍に入隊し、30年近く軍務に就いていた。そのうち、第75レンジャー連隊で16年間務めた後にデルタフォース隊員となり、2002年に退役した。最終階級は上級曹長だった。その後は、国内外の軍需企業に身を置き、2013年以降は米ノースカロライナ州のフォートブラッグ基地で特殊作戦インストラクターとして勤務していた。「モガディシュの戦闘」で、シルバースター(Silver Star)とパープルハート章(Purple Heart)を受勲している。

Source: ‘Black Hawk Down’ veteran from Durand dies at age 64

Text: 弓削島一樹 - FM201911

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
リビジョン・ミリタリーが「ガルビオン(Galvion)」に社名変更
30年後の未来に向けた米軍の「サイボーグ兵士」計画で、兵士は『脳で通信』を可能に?
米陸軍に納品されたカプコ社の『M320』グレネードランチャーは欠陥品。100万ドルの支払い命令
「30mmガトリング砲で敵32名を排除」「弾切れ寸前の補給部隊を救出」A-10パイロット2名に勲章
H&K社の監査委員会議長に電撃解任要求。大株主と謎めいた企業との「権力闘争」に発展か
ピンは歯で抜ける?覆いかぶさったら周りは無傷?手榴弾に関する不都合な真実
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 リビジョン・ミリタリーが「ガルビオン(Galvion)」に社名変更 (2019-12-06 12:13)
 30年後の未来に向けた米軍の「サイボーグ兵士」計画で、兵士は『脳で通信』を可能に? (2019-12-05 17:14)
 米陸軍に納品されたカプコ社の『M320』グレネードランチャーは欠陥品。100万ドルの支払い命令 (2019-12-04 16:35)
 「30mmガトリング砲で敵32名を排除」「弾切れ寸前の補給部隊を救出」A-10パイロット2名に勲章 (2019-12-04 12:02)
 H&K社の監査委員会議長に電撃解任要求。大株主と謎めいた企業との「権力闘争」に発展か (2019-12-03 13:46)
 ピンは歯で抜ける?覆いかぶさったら周りは無傷?手榴弾に関する不都合な真実 (2019-12-02 17:33)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop