アメリカ陸軍 H&K社と契約更新 M110A1 CSASS狙撃銃/SDM-R選抜射手小銃を3350万ドル分追加購入

海外軍事 エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
アメリカ陸軍 H&K社と契約更新 M110A1 CSASS狙撃銃/SDM-R選抜射手小銃を3350万ドル分追加購入
Photo from U.S. Army for illustration purpose only


アメリカ陸軍はH&K社との契約を更新し、新たに3350万ドル(約35億円)分のM110A1 CSASS(コンパクト・セミオート狙撃システム)およびバリエーションのSDM-R(分隊選抜射手ライフル)を追加購入する。

M110A1 CSASS、SDM-RはともにH&K社のHK417自動小銃がベースモデルとしアッパーレシーバーの材質変更による強化などの改良を施したもの。2者は基本的には同じものと言ってよいが、前者が狙撃手が用いることを前提としているのに対し、後者は分隊支援火器として用いられることを前提としている。

参考記事:
米陸軍が新型「分隊選抜射手ライフル(SDM-R)」『M110A1』の試験写真を公開 - ミリブロNews

M110A1は遠距離射撃に適したM118LR弾薬を使用し、シュミット&ベンダー社の3-20X50 PMII Ultraを照準器として使用する。

アメリカ陸軍 H&K社と契約更新 M110A1 CSASS狙撃銃/SDM-R選抜射手小銃を3350万ドル分追加購入
Photo from U.S. Army
SDM-Rはボディアーマーに対して効果を発揮するM80A1弾薬が用いられ、より近接した目標に対して有利なシグ社のTANGO6 1-6×24を使用している。バットストックの形状にも違いがある。

アメリカ陸軍 H&K社と契約更新 M110A1 CSASS狙撃銃/SDM-R選抜射手小銃を3350万ドル分追加購入
Photo from U.S. Army


関連記事:
米陸軍の『分隊選抜射手ライフル(SDMR)』にシグ社のライフルスコープ『TANGO6 1-6×24』が選定 - ミリブロNews

Source: U.S. DEPARTMENT OF DEFENSE > Contracts For March 4, 2020

Text: Chaka (@dna_chaka)
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ドイツ企業が新型の空挺装甲車の開発を開始
ロシアの2つの艦艇向け新型対空防御システム
台湾が105mm砲搭載の新型装甲車の開発を発表
NATO保守整備補給機関がドローンとレーダーによる弾道ミサイル追跡システムを開発
イランが新型のコンテナ積載型地対地ミサイルシステムを開発
米国のAI技術企業が無人機開発会社を買収
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ドイツ企業が新型の空挺装甲車の開発を開始 (2021-08-08 11:54)
 ロシアの2つの艦艇向け新型対空防御システム (2021-08-06 16:57)
 台湾が105mm砲搭載の新型装甲車の開発を発表 (2021-08-03 18:51)
 NATO保守整備補給機関がドローンとレーダーによる弾道ミサイル追跡システムを開発 (2021-08-01 18:04)
 イランが新型のコンテナ積載型地対地ミサイルシステムを開発 (2021-07-31 16:21)
 米国のAI技術企業が無人機開発会社を買収 (2021-07-30 13:58)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop