ガイズリー社のSMR Mk. 16ハンドガードがSOPMOD Block IIIに採用か

海外軍事 エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
ガイズリー社のSMR Mk. 16ハンドガードがSOPMOD Block IIIに採用か
Photo from Geissele Automatics
特殊作戦向けM4A1カービンアクセサリーキット「SOPMOD」は、M4A1カービンの使用延長と併せて第3期にあたる「Block III」の導入時期にきている。ライトやサイレンサーを始め、そのカバーするジャンルは広範なものだが、そのうちの一つ、ハンドガードについてアメリカのガイズリー(Geissele)のものが採用された可能性がある。
ガイズリー社のInstagramで、同社のSMR(Super Modular Rail)Mk. 16を「SOPMOD Block III」として紹介している。
Mk. 16は同社のMk. 14から11時、1時、5時、7時方向にM-LOKスロットが追加されたハンドガード。SOPMOD Block IIIでは「URG-I(Upper Receiver Group - Improved)」とよばれる改修型アッパーレシーバーグループの配備が予定されており、ガイズリー社のMk. 16はこれを構成するパーツとなると思われる。

関連記事:
アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中

URG-IらしきものはSureFire社のInstagramにも登場している。「特殊部隊の兄弟たち(SOF brothers)」が被写体とされるが、彼が持つライフルにもガイズリー社のハンドガードが取り付けられている。
ガイズリー社のSMR Mk. 16ハンドガードがSOPMOD Block IIIに採用か
Photo from SureFire LLC

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201712
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
【PR】超大国アメリカの軍隊がなぜアフリカで展開?紛争解決活動NPO法人によるトークイベントが開催
装備を取るか、機動力を取るか…15ポンド(約6.8Kg)の重量増加で海兵隊分隊の兵力1名が損耗する
「腰痛」の原因になる―米陸軍に続き海兵隊の体力試験で『腹筋運動』廃止を検討
米陸軍特殊作戦司令部『CAPEX (Capabilities Exercise)2019』トレーラー
小火器の大幅な小型化・高初速化を可能にする新型銃身とブリーチを米陸軍が開発中
米陸軍が『認定防護アイウェア一覧(APEL)』を更新。「電子駆動式トランジションレンズ」が利用可能に
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 【PR】超大国アメリカの軍隊がなぜアフリカで展開?紛争解決活動NPO法人によるトークイベントが開催 (2019-06-18 17:41)
 装備を取るか、機動力を取るか…15ポンド(約6.8Kg)の重量増加で海兵隊分隊の兵力1名が損耗する (2019-06-13 16:13)
 「腰痛」の原因になる―米陸軍に続き海兵隊の体力試験で『腹筋運動』廃止を検討 (2019-06-12 17:40)
 米陸軍特殊作戦司令部『CAPEX (Capabilities Exercise)2019』トレーラー (2019-06-11 16:25)
 小火器の大幅な小型化・高初速化を可能にする新型銃身とブリーチを米陸軍が開発中 (2019-06-11 14:04)
 米陸軍が『認定防護アイウェア一覧(APEL)』を更新。「電子駆動式トランジションレンズ」が利用可能に (2019-06-07 19:45)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop