NEWS

ヘッケラー&コッホ社が販売方針の見直しで非 NATO 加盟国への供給停止に。加盟国 トルコも制限対象

海外軍事 Comments(0)
ヘッケラー&コッホ社が販売方針の見直しで非 NATO 加盟国への供給停止に。加盟国 トルコも制限対象
Photo: via Heckler & Koch official website
ドイツ通信社 DPA (Deutsche Presse-Agentur) など複数のドイツメディアによると、同国の銃器メーカ大手であるヘッケラー&コッホ (H&K: Heckler & Koch) 社が、NATO の影響外にある国々に対して、今後、同社製品の供給を見合わせる方針を下しているようだ。
今回の新たな販売方針に伴い、サウジアラビアやメキシコ、ブラジル、インドおよび NATO メンバーであるトルコへの販売がおこなわれなくなる。トルコは 1952 年に NATO に加盟している。

関連記事:
ヘッケラー&コッホ社、サウジアラビア向け G36 部品の輸出承認を巡る行政訴訟でドイツ政府に勝利
ヘッケラー&コッホ (H&K) 社の元従業員 6 名がメキシコへの銃器不正輸出で起訴

トルコについては、今年 7 月 のクーデター未遂事件以降、クルド人の政治活動家らに対する継続的な弾圧、人権侵害事件の増加を理由として、欧州連合 (EU: European Union) が先週、トルコの EU 加盟交渉を否決している。

その後、24 日には、オーストリア議会がトルコへの武器輸出を制限する議決を採択するも、トルコは受け入れられないと拒絶していたばかりで、今回のドイツ HK 社の方針は、それらに続く動きとなる。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
【PR】超大国アメリカの軍隊がなぜアフリカで展開?紛争解決活動NPO法人によるトークイベントが開催
装備を取るか、機動力を取るか…15ポンド(約6.8Kg)の重量増加で海兵隊分隊の兵力1名が損耗する
「腰痛」の原因になる―米陸軍に続き海兵隊の体力試験で『腹筋運動』廃止を検討
米陸軍特殊作戦司令部『CAPEX (Capabilities Exercise)2019』トレーラー
小火器の大幅な小型化・高初速化を可能にする新型銃身とブリーチを米陸軍が開発中
米陸軍が『認定防護アイウェア一覧(APEL)』を更新。「電子駆動式トランジションレンズ」が利用可能に
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 【PR】超大国アメリカの軍隊がなぜアフリカで展開?紛争解決活動NPO法人によるトークイベントが開催 (2019-06-18 17:41)
 装備を取るか、機動力を取るか…15ポンド(約6.8Kg)の重量増加で海兵隊分隊の兵力1名が損耗する (2019-06-13 16:13)
 「腰痛」の原因になる―米陸軍に続き海兵隊の体力試験で『腹筋運動』廃止を検討 (2019-06-12 17:40)
 米陸軍特殊作戦司令部『CAPEX (Capabilities Exercise)2019』トレーラー (2019-06-11 16:25)
 小火器の大幅な小型化・高初速化を可能にする新型銃身とブリーチを米陸軍が開発中 (2019-06-11 14:04)
 米陸軍が『認定防護アイウェア一覧(APEL)』を更新。「電子駆動式トランジションレンズ」が利用可能に (2019-06-07 19:45)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop