渡米訓練「アイアンフィスト18」で小銃・拳銃トランジション射撃訓練に励む西普連(WAiR)隊員

国内軍事関連 Comments(0)
渡米訓練「アイアンフィスト18」で小銃・拳銃トランジション射撃訓練に励む西普連(WAiR)隊員
米海兵隊が陸上自衛隊との実動訓練「アイアンフィスト(Iron Fist)18」の様子を収めた映像を公開。第11海兵機動展開隊(11th MEU (Marine Expeditionary Unit))と西部方面普通科連隊の隊員(WAiR: Western Army Infantry Regiment)が、ライフルからピストルへのトランジション射撃訓練をおこなっている。
WAiR隊員の装備類を見てみると、自由度の高さが窺える。

ハイスピードギアTACO
サファリランドホルスター
Gコードホルスター
アークテリクスLEAF・ニーキャップ
マグプル・オリジナル・マグアシスト
マグプルAFG(Angled Fore Grip)
インフォースWML(Weapon Mounted Lights)
田村装備開発89式小銃LAS(Light Attachment System)…など

渡米訓練「アイアンフィスト18」で小銃・拳銃トランジション射撃訓練に励む西普連(WAiR)隊員
Photo by Cpl. Kyle McNan
アイアンフィスト2018は、島嶼部での作戦に必要な戦術・戦闘及び米海兵隊との相互連携要領を演練し、その能力の維持・向上を図ることを目的としたもので、海兵隊からは第1海兵機動展開部隊 第11海兵機動展開隊の約250名が、一方の陸上自衛隊からは西部方面総監部、西部方面普通科連隊、水陸機動準備隊等から約360名が参加している。

カリフォルニア州キャンプ・ペンデルトン及び米海軍サンクレメンテ島訓練場を舞台に1月8日(月)~2月18日(日)までおこなわれる。

同じカテゴリー(国内軍事関連)の記事画像
自衛隊 令和2年度の予算要求概算に「新小銃」「新拳銃」の調達費用を約10億円盛り込む
自衛隊新制式小銃らしき銃の意匠登録を豊和工業が更新
『自衛隊の特殊部隊』が米アフリカ軍(AFRICOM)の年次特殊部隊演習「Flintlock 2019」にオブザーバー参加
田村装備開発の大阪出張「Protection& Intelligence」取材レポート
田村装備開発の大阪出張「戦闘特別訓練」座学取材レポート
ヨルダンのアブドラ国王が陸上自衛隊『特殊作戦群』の訓練を視察
同じカテゴリー(国内軍事関連)の記事
 自衛隊 令和2年度の予算要求概算に「新小銃」「新拳銃」の調達費用を約10億円盛り込む (2019-09-03 15:42)
 自衛隊新制式小銃らしき銃の意匠登録を豊和工業が更新 (2019-08-28 17:51)
 『自衛隊の特殊部隊』が米アフリカ軍(AFRICOM)の年次特殊部隊演習「Flintlock 2019」にオブザーバー参加 (2019-02-19 12:12)
 田村装備開発の大阪出張「Protection& Intelligence」取材レポート (2018-12-07 19:19)
 田村装備開発の大阪出張「戦闘特別訓練」座学取材レポート (2018-12-06 12:39)
 ヨルダンのアブドラ国王が陸上自衛隊『特殊作戦群』の訓練を視察 (2018-11-28 12:46)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop