NEWS

米海軍海上戦闘センター・クレーン局(NSWC-CD)が特殊部隊スナイパー用スコープ『AP-VPS』の情報提供を呼び掛け

海外軍事 Comments(0)
米海軍海上戦闘センター・クレーン局(NSWC-CD)が特殊部隊スナイパー用スコープ『AP-VPS』の情報提供を呼び掛け
Photo by Sgt. Connor Mendez
This photo is for illustrative purposes only.
米海軍海上戦闘センター・クレーン局(NSWC-CD: Naval Surface Warfare Center Crane Division)が、特殊部隊スナイパー用の新たなスコープの取得に向けて情報提供を呼び掛けている。

関連記事:
米海軍海上戦闘センター・クレーン局が『精密可変倍率スコープ(P-VPS)』最大3,000セットの取得を計画
「昼光用小型照準システム(MAS-D: Miniature Aiming System - Day Optics)」の『高精度可変倍率スコープ(AP-VPS: Advanced Precision - Variable Power Scope)』と呼ばれるもので、以下のような特殊部隊で採用されている(or 近い将来に取得が予定される)火器の統合アクセサリーレイルに取り付け、「近距離での交戦から有効射程を超える長距離までをカバーし、ロープロファイルで広い視野角を持つもの」と示されている。

MK17、Compact Semi-Automatic Sniper System (CSASS)、M110K、MK13、MK15、M110、M2010、M107、Advanced Sniper Rifle (ASR)

またオプティクス内の視野には、距離測定や弾道補正をはじめ狙撃に必要となるその他の関連データの表示が要求されている。
呼応する企業においては、今月末が提出の締め切りとなっている。

関連記事:
USSOCOM『先進狙撃銃(ASR)』にバレット『MRAD』が『Mark 21』に選定。親子デザイナーの米軍採用は史上初

Source: REQUEST FOR INFORMATION (RFI)/SOURCES SOUGHT - Miniature Aiming Systems - Day Optic Sights (MAS-D) Advanced Precision - Variable Power Scope (AP-VPS)

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米海軍クレーンが『M110K1』の6.5mm CRDMR変換キット新型アッパーのアッセンブリー取得に向けRFI発出
メキシコの無法地帯では、麻薬カルテルによる不気味な武装ピエロが徘徊している
ポーランド警察が「ベレッタAPX」ピストル×4,666挺購入
イラク、アフガニスタンでの需要減少でコンステリス社が財務危機。負債額は1,290億円に
米陸軍が10/1より新開発の『戦闘適合試験(ACFT)』の初期実装を開始
米陸軍の迷彩ユニフォームが10/1付で「UCP」から『OCP』へ完全切り替え
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米海軍クレーンが『M110K1』の6.5mm CRDMR変換キット新型アッパーのアッセンブリー取得に向けRFI発出 (2019-10-11 12:16)
 メキシコの無法地帯では、麻薬カルテルによる不気味な武装ピエロが徘徊している (2019-10-10 17:33)
 ポーランド警察が「ベレッタAPX」ピストル×4,666挺購入 (2019-10-10 16:01)
 イラク、アフガニスタンでの需要減少でコンステリス社が財務危機。負債額は1,290億円に (2019-10-10 11:59)
 米陸軍が10/1より新開発の『戦闘適合試験(ACFT)』の初期実装を開始 (2019-10-04 12:07)
 米陸軍の迷彩ユニフォームが10/1付で「UCP」から『OCP』へ完全切り替え (2019-10-03 19:30)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop