NEWS

ポーランド警察が「ベレッタAPX」ピストル×4,666挺購入

海外軍事 Comments(0)
ポーランド警察が「ベレッタAPX」ピストル×4,666挺購入
Photo from Beretta.
This photo is for illustrative purposes only.
ポーランド警察が9x19mmの新拳銃「ベレッタ(Beretta)APX」×4,666挺を購入する。
ベレッタAPXは、同社初のストライカー式拳銃であり、後発ということもあって市場シェアを高めるべく、価格面で大きく譲歩しているとも言われている。注目の自衛隊向け新拳銃にもその名前が挙がっていると噂されている。

関連記事:
ベレッタ、同社初のストライカー方式を採用したフルサイズモデル「Beretta APX」をリリース
自衛隊 令和2年度の予算要求概算に「新小銃」「新拳銃」の調達費用を約10億円盛り込む
警察本部(KGP: Komenda Główna Policji)提供の資料によると、全7社による競争入札がおこなわれており、絞り込み選定を経て残った4社の中で、①公用火器の提供事業者である「UMO」社の提案(Bretta APX)が約530万ズロチ(約1億4,500万円)、1挺当たりに換算して約1,137ズロチ(約3万1,000円))となっており最安値を指している。

なお決選投票に進んだその他の候補は、②ファブルィカ・ブローニ・ウゥチニク(Fabryka Broni Lucznik)のポーランド生産のワルサー「P99AS」、③Zabrojownia Sp.z.o.o.からチェコのCZ P-10C、④Works 11社のスロベニアArex製 REX Deltaとなっており、⑤Magnum Andrzej OzorowskiのCanik TP9SF Elite、⑥KaliberのGlock17 Gen3、⑦BerlopakのTARA Precision TM-9 Gen2は絞り込み選定の際に落選している。

関連記事:
ポーランド警察がスロベニア「アレックス社」製の新型ピストル『REX Zero 1 CP』×965挺を受領

2019年12月16日までの受領を計画しており、購入オプションの行使によっては、追加で1,000挺が見込まれている。

Source: Policja kupiła Beretty

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ウィルソン・コンバットによる実戦志向のシグ・P320カスタム「WCP320」が発売
田村装備開発が衛生用マスクとしても使用できるフェイスガードを発売
新型コロナ 中東・北アフリカ情勢に大きな影響を与える
ベトナム戦争中の爆撃クレーターを衛星画像から発見する機械学習アルゴリズムをオハイオ州立大学の研究者が開発
ドイツ陸軍が7.62mmNATO口径の短距離向けセミオート狙撃銃の公募開始
アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ウィルソン・コンバットによる実戦志向のシグ・P320カスタム「WCP320」が発売 (2020-04-10 20:55)
 田村装備開発が衛生用マスクとしても使用できるフェイスガードを発売 (2020-04-09 21:24)
 新型コロナ 中東・北アフリカ情勢に大きな影響を与える (2020-04-07 19:43)
 ベトナム戦争中の爆撃クレーターを衛星画像から発見する機械学習アルゴリズムをオハイオ州立大学の研究者が開発 (2020-04-06 21:56)
 ドイツ陸軍が7.62mmNATO口径の短距離向けセミオート狙撃銃の公募開始 (2020-04-03 19:15)
 アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画 (2020-04-01 21:30)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop