「MCX Rattler」は『SASの仕様要求に応えて開発』。SIG社CEOが経緯を語る

海外軍事 エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
米国の大手軍事情報サイト「ミリタリー・タイムズ」が、元海軍特殊部隊SEAL隊員クリント・エマーソン(Clint Emerson)氏を起用した、シグ・サワー社の新製品紹介映像を投稿した。

エマーソン氏は、20年に渡って世界各国でおこなわれた特殊作戦に従事した人物。SEAL時代には最精鋭のエリート隊員が集う「ST6(SEAL Team 6(a.k.a.DevGru)」に在籍した他、「国家安全保障局(NSA: National Security Agency)」でも勤仕している。

関連記事:
元・SEAL Team 6 (DevGru) 隊員によるイラスト実践本「100 Deadly Skills」が発売
シグ社カービンシリーズ「MCX」の新製品として昨秋に発表された『Rattler』は、薄型で携行性に優れたデザインと、素早い展開に特化した機能性、.300BLKによる近距離での高い攻撃力に特徴を持つ。

関連記事:
シグ社・PDW用途向け超短縮型カービン「MCX Rattler」を発表

タイムズによると、特殊部隊による市街地での「コバートオプス(秘密裏に行われる作戦)」に打って付けなこの銃について、シグ社のロン・コーエン(Ron Cohen)CEOが「英陸軍特殊部隊SASの隊員らが、特定の仕様を満たした武器を探し求めて当社を訪れた」「その後にこの武器はデザインされた」と言及しており、SASの要求を元に開発した経緯を明かしている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し
ナビスター・ディフェンスがトヨタ・ハイラックスなど特殊部隊向け市販改造車輌(PB-NSCV)のPVを公開
「精確な射撃ができない」ドイツ・ベルリン警察が新制式拳銃『SFP9』×1,300挺をH&K社に返送
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
 ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し (2018-10-12 20:47)
 ナビスター・ディフェンスがトヨタ・ハイラックスなど特殊部隊向け市販改造車輌(PB-NSCV)のPVを公開 (2018-10-12 17:16)
 「精確な射撃ができない」ドイツ・ベルリン警察が新制式拳銃『SFP9』×1,300挺をH&K社に返送 (2018-10-11 11:19)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop