「MCX Rattler」は『SASの仕様要求に応えて開発』。SIG社CEOが経緯を語る

海外軍事 エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
「MCX Rattler」は『SASの仕様要求に応えて開発』。SIG社CEOが経緯を語る
米国の大手軍事情報サイト「ミリタリー・タイムズ」が、元海軍特殊部隊SEAL隊員クリント・エマーソン(Clint Emerson)氏を起用した、シグ・サワー社の新製品紹介映像を投稿した。

エマーソン氏は、20年に渡って世界各国でおこなわれた特殊作戦に従事した人物。SEAL時代には最精鋭のエリート隊員が集う「ST6(SEAL Team 6(a.k.a.DevGru)」に在籍した他、「国家安全保障局(NSA: National Security Agency)」でも勤仕している。

関連記事:
元・SEAL Team 6 (DevGru) 隊員によるイラスト実践本「100 Deadly Skills」が発売
シグ社カービンシリーズ「MCX」の新製品として昨秋に発表された『Rattler』は、薄型で携行性に優れたデザインと、素早い展開に特化した機能性、.300BLKによる近距離での高い攻撃力に特徴を持つ。

関連記事:
シグ社・PDW用途向け超短縮型カービン「MCX Rattler」を発表

タイムズによると、特殊部隊による市街地での「コバートオプス(秘密裏に行われる作戦)」に打って付けなこの銃について、シグ社のロン・コーエン(Ron Cohen)CEOが「英陸軍特殊部隊SASの隊員らが、特定の仕様を満たした武器を探し求めて当社を訪れた」「その後にこの武器はデザインされた」と言及しており、SASの要求を元に開発した経緯を明かしている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント
米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定
インド軍 イスラエルIWI社からネゲヴ軽機関銃約1万6千丁を購入する契約を締結
アメリカ陸軍次世代型軍用ヘリの候補にシコルスキー・ボーイング社のSB>1デファイアントが選定
ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争中にシボレー・カマロを駆って支援物資を届け続けた元特殊部隊員がいる
アメリカ国防総省 テレワーク職員の増加によってネットワークに前代未聞の負荷
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント (2020-03-30 15:41)
 米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定 (2020-03-25 21:08)
 インド軍 イスラエルIWI社からネゲヴ軽機関銃約1万6千丁を購入する契約を締結 (2020-03-24 18:13)
 アメリカ陸軍次世代型軍用ヘリの候補にシコルスキー・ボーイング社のSB>1デファイアントが選定 (2020-03-19 19:26)
 ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争中にシボレー・カマロを駆って支援物資を届け続けた元特殊部隊員がいる (2020-03-18 22:17)
 アメリカ国防総省 テレワーク職員の増加によってネットワークに前代未聞の負荷 (2020-03-17 17:21)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop