NEWS

シグ社が米陸軍のM4・M249後継を狙う『次世代分隊火器(NGSW)』候補モデルを公開

海外軍事 Comments(0)
シグ社が米陸軍のM4・M249後継を狙う『次世代分隊火器(NGSW)』候補モデルを公開
Photo from SIG Sauer
M4自動小銃、M249分隊支援火器、そして5.56mmNATO弾といういずれもベテランの小火器を一気にリプレースするアメリカ陸軍の次世代分隊火器(NGSW)について、プロトタイプ提出企業に選ばれたシグ社が同社の候補の画像を公開している。

公開されたのは小銃タイプのNGSW-R、分隊支援火器タイプのNGSW-ARの2種。専用と思われる弾薬も写り込んでいる。

関連記事:
アメリカ陸軍の次世代分隊火器(NGSW)プロトタイプ開発企業が3社に絞り込まれる

NGSW-RはマークスマンシップライフルであるMCX-MRと似ているが、ハンドガードのサイドレールがM-LOKになるなどデザインが詰められた印象である。NGSW-ARについては以前、SHOTショーや特殊作戦関連コミュニティの見本市SOFICでも開発段階のものが公開されている。

参考:シグ社 2019 SHOTショーで次世代分隊小銃「SL MAG」のデモンストレーションを実施 - ミリブロNews
公開されたティザー動画。弾倉がAR-15クローン風のプラットフォームだが、5.56mmのそれよりも弾倉が大きく、やはり歩兵小銃というよりもマークスマンライフルの趣がある。

シグ社の公式SNSアカウントでも画像が公開されている。
シグ社が米陸軍のM4・M249後継を狙う『次世代分隊火器(NGSW)』候補モデルを公開
Photo from SIG Sauer

NGSWはやはり最新のモデルだけに、実射性能はもちろん各部の操作性、エルゴノミクスも洗練されたものになるだろう。どのような規格がどのような用途を想定して採用されるのかも注目していきたい。

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201909
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
シグ社が米鉄道警察での『P320』ピストル暴発の一件についてコメントを寄稿
ムキムキのボディービルダーが練習無しで、米陸軍の「体力試験(APFT)」に挑戦するとどうなるのか?
米陸軍が様々な手法で若者にアプローチし、2019会計年度における採用目標に到達する見込み
中国製ドローンを禁止していたはずの米軍が、海空軍の特殊部隊で依然として購入
B.E. Meyersが米国防総省向けの特定変種『MAWL-X1』の追加を発表
インド企業『SSSディフェンス』が国産の軍特殊部隊用スナイパーライフル『バイパー』『セイバー』を開発
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 シグ社が米鉄道警察での『P320』ピストル暴発の一件についてコメントを寄稿 (2019-09-19 11:04)
 ムキムキのボディービルダーが練習無しで、米陸軍の「体力試験(APFT)」に挑戦するとどうなるのか? (2019-09-18 18:07)
 米陸軍が様々な手法で若者にアプローチし、2019会計年度における採用目標に到達する見込み (2019-09-18 17:24)
 中国製ドローンを禁止していたはずの米軍が、海空軍の特殊部隊で依然として購入 (2019-09-18 12:54)
 B.E. Meyersが米国防総省向けの特定変種『MAWL-X1』の追加を発表 (2019-09-18 11:04)
 インド企業『SSSディフェンス』が国産の軍特殊部隊用スナイパーライフル『バイパー』『セイバー』を開発 (2019-09-17 13:56)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop