NEWS

「海軍特殊部隊入りを目指す2名の女性候補者が存在」米軍中将が軍事委員会の席上で証言

海外軍事 Comments(0)

Navy photo by Petty Officer 2nd Class Eric S. Logsdon
This photo is for illustration purposes only.
ロバート・バーク(Robert P. Burke)海軍中将が14日におこなわれた上院軍事委員会・人事小委員会の席上、「今年は2名の女性が海軍特殊部隊員になるための訓練に参加する」と証言した。
既報の通り、昨年は女性の海軍士官候補生が初めて、SEAL隊員になる為にその選抜課程の門戸を叩くも失敗に終わっている。

関連記事:
米海軍特殊部隊SEAL初の女性志願者が評価・選抜プログラムの中で脱落
バーク中将の証言によると、1名は海軍兵学校の士官候補生(midshipman)で、「ファースティー(First-Class)」と呼ばれる最上級生。体力検定(physical screening)をパスしており、志願すればこの春と夏に追加審査を受ける資格があるという。
なお、もう1名は下士官で、5月にも訓練を開始するとのこと。

またバーク中将は委員会の席上、長年に渡る特殊部隊員募集活動の中で初めて、2017会計年度においてリクルーターがその獲得目標に到達しなかったことも明かしている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米陸軍特殊部隊の教育施設「J.F.K.特殊戦センター」が約5億ドルの予算で施設更新中
B&T USA社のサイレンサー内蔵ピストルキャリバーカービン「APC-SD」をニューヨーク州の郡警察が採用
今度は牛肉!「ブラックウォーター」ブランドを使ったプリンス氏の新事業『Blackwater Beef』
ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』
FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注
E&Lエアソフトが公用向けにペイント弾バージョンの『QBZ-95』自動小銃をリリース
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米陸軍特殊部隊の教育施設「J.F.K.特殊戦センター」が約5億ドルの予算で施設更新中 (2018-12-12 16:46)
 B&T USA社のサイレンサー内蔵ピストルキャリバーカービン「APC-SD」をニューヨーク州の郡警察が採用 (2018-12-11 18:46)
 今度は牛肉!「ブラックウォーター」ブランドを使ったプリンス氏の新事業『Blackwater Beef』 (2018-12-11 14:40)
 ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』 (2018-12-10 16:17)
 FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注 (2018-12-10 13:38)
 E&Lエアソフトが公用向けにペイント弾バージョンの『QBZ-95』自動小銃をリリース (2018-12-07 11:55)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop