NEWS

米陸軍弾薬工場(LCAAP)が新型『6.8mm口径弾』大量生産受けれ入れのための準備を計画

海外軍事 Comments(1)
米陸軍弾薬工場(LCAAP)が新型『6.8mm口径弾』大量生産受けれ入れのための準備を計画
Photo from U.S. Army
米陸軍の『6.8mm口径弾』をベースとする新型小火器システムの取得が検討される中、弾薬製造の現場にも来るべき大量発注に備えた計画が進められている。

関連記事:
「圧力は戦車砲に匹敵」アメリカ陸軍が新型の6.8mm口径弾をベースとする小火器システムを構築中
NPO法人「国防産業協会(NDIA)」によると、大手軍需メーカー「ノースロップ・グラマン社」の小火器システム部門の担当者が、「6.8mm口径弾の採用が決まった暁には、その生産受け入れのため、ミズーリ州レイクシティにある当社の陸軍弾薬工場(LCAAP: Lake City Army Ammunition Plant)において、新たな製造施設が建造される」「これは同工場の操業50年以来で初めての施設だ」「建設は今後2,3年におこなわれる予定であり、新弾薬については3,4年後にも生産が始まるだろう」と述べている。

レイクシティ弾薬工場では、5.56mm、7.62mm弾薬をはじめとした国防総省管轄下の小火器用弾薬の約90%を生産しているとのこと。年間で15億発を製造し、四軍の他にFBIやCIA、DEAにも出荷されている。

Source: Army Ammo Plant Readies for New 6.8 mm Round

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
USマーシャルの特殊作戦グループがSTI社のハイキャパシティオートを制式拳銃に採用
米シークレットサービスが第5世代グロック19を新たに制式拳銃として採用
米空軍が戦闘機パイロットの前立腺ガン罹患率を調査
僅か50ミリ秒で獲物の動きに反応して95%の確率で狩りを成功させる『トンボ』から学ぶ新型ミサイルの研究
ハイスピードギア社がH&K社の分隊選抜射手小銃(SDMR)契約の一環で「TACO」ポーチ×3万個を供給
米国防総省が非殺傷兵器としてレーザー光で生成する「しゃべる人魂」を開発中
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 USマーシャルの特殊作戦グループがSTI社のハイキャパシティオートを制式拳銃に採用 (2019-08-20 11:00)
 米シークレットサービスが第5世代グロック19を新たに制式拳銃として採用 (2019-08-09 12:34)
 米空軍が戦闘機パイロットの前立腺ガン罹患率を調査 (2019-08-08 14:59)
 僅か50ミリ秒で獲物の動きに反応して95%の確率で狩りを成功させる『トンボ』から学ぶ新型ミサイルの研究 (2019-08-08 14:41)
 ハイスピードギア社がH&K社の分隊選抜射手小銃(SDMR)契約の一環で「TACO」ポーチ×3万個を供給 (2019-08-06 17:34)
 米国防総省が非殺傷兵器としてレーザー光で生成する「しゃべる人魂」を開発中 (2019-08-05 19:15)
この記事へのコメント
低威力で馬鹿にしてきた、三八歩兵銃の弾薬は正しかったと認めなさい。
Posted by 308 | at 2019年04月11日 17:55
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop