NEWS

米陸軍弾薬工場(LCAAP)が新型『6.8mm口径弾』大量生産受けれ入れのための準備を計画

海外軍事 Comments(1)

Photo from U.S. Army
米陸軍の『6.8mm口径弾』をベースとする新型小火器システムの取得が検討される中、弾薬製造の現場にも来るべき大量発注に備えた計画が進められている。

関連記事:
「圧力は戦車砲に匹敵」アメリカ陸軍が新型の6.8mm口径弾をベースとする小火器システムを構築中
NPO法人「国防産業協会(NDIA)」によると、大手軍需メーカー「ノースロップ・グラマン社」の小火器システム部門の担当者が、「6.8mm口径弾の採用が決まった暁には、その生産受け入れのため、ミズーリ州レイクシティにある当社の陸軍弾薬工場(LCAAP: Lake City Army Ammunition Plant)において、新たな製造施設が建造される」「これは同工場の操業50年以来で初めての施設だ」「建設は今後2,3年におこなわれる予定であり、新弾薬については3,4年後にも生産が始まるだろう」と述べている。

レイクシティ弾薬工場では、5.56mm、7.62mm弾薬をはじめとした国防総省管轄下の小火器用弾薬の約90%を生産しているとのこと。年間で15億発を製造し、四軍の他にFBIやCIA、DEAにも出荷されている。

Source: Army Ammo Plant Readies for New 6.8 mm Round

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米税関・国境警備局がグロック47をはじめ第5世代グロック3機種を採用
米陸軍 6.8mm口径の次世代分隊火器(NGSW)を2021年秋から実地試験開始
USSOCOMが新型戦闘ヘルメット(FTHS)に『Ops-Core FAST SF』を購入。最大9,500万ドルの契約
B&T USAがインディアナ州レイク郡の保安官事務所向け『MP9 9mm SMG』の供給契約を獲得
米海軍海上戦闘センター・クレーン局(NSWC-CD)が特殊部隊スナイパー用スコープ『AP-VPS』の情報提供を呼び掛け
ウクライナRoboneersの無人陸上戦闘車輌『Zhook』
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米税関・国境警備局がグロック47をはじめ第5世代グロック3機種を採用 (2019-04-19 20:12)
 米陸軍 6.8mm口径の次世代分隊火器(NGSW)を2021年秋から実地試験開始 (2019-04-16 19:10)
 USSOCOMが新型戦闘ヘルメット(FTHS)に『Ops-Core FAST SF』を購入。最大9,500万ドルの契約 (2019-04-15 16:48)
 B&T USAがインディアナ州レイク郡の保安官事務所向け『MP9 9mm SMG』の供給契約を獲得 (2019-04-10 13:30)
 米海軍海上戦闘センター・クレーン局(NSWC-CD)が特殊部隊スナイパー用スコープ『AP-VPS』の情報提供を呼び掛け (2019-04-10 12:49)
 ウクライナRoboneersの無人陸上戦闘車輌『Zhook』 (2019-04-09 19:42)
この記事へのコメント
低威力で馬鹿にしてきた、三八歩兵銃の弾薬は正しかったと認めなさい。
Posted by 308 | at 2019年04月11日 17:55
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop