NEWS

米陸軍がスナイパー用の新型ギリースーツ『IGS』のテストを実施。特殊部隊含め3,500着の調達を計画

海外軍事 Comments(0)

Photo Credit: U.S. Army photo
今年の春に情報提供依頼書が発出された、米陸軍のスナイパー用『新型ギリースーツ(IGS: Improved Ghillie System)』についての提案が9月24日に締め切りを迎えた。

関連記事:
米陸軍が『改良版ギリーシステム(IGS)』の情報提供依頼書を発出
現行の「難燃性ギリーシステム(FRGS: Flame Resistant Ghillie System)」は、暑く、嵩張りがあったが、IGSでは素材の見直しから着手し、軽量なものを使用し、引き続きの難燃性を持ちながらも通気性と擬装性能を追求した仕様を目指している。

加えて、現行品の利用における実態調査をおこなった結果、現行FRGSでは付属する各種ギリーキットの大半が利用されていない、または別のもので代用されていることが判明している。IGSではFRGSの1,300ドル(=約15万円)と比べて更にコストを抑えることができると見込んでいる。

なお、今回交わされる契約の下では3,500着のIGSが生産され、特殊作戦司令部(SOCOM)隷下を含めた3,300名の陸軍スナイパーの手元に届く予定となっている。

サンプル入手後11月には、夜間など暗闇の中でナイトビジョンゴーグル越しであっても溶け込めているかや、日中でもヒトの目視にも擬装できているか、更にはスナイパーが移動した際の騒音がどの程度発しているのかなど、様々な環境下でテストと検証がおこなわれる。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米税関・国境警備局がグロック47をはじめ第5世代グロック3機種を採用
米陸軍 6.8mm口径の次世代分隊火器(NGSW)を2021年秋から実地試験開始
USSOCOMが新型戦闘ヘルメット(FTHS)に『Ops-Core FAST SF』を購入。最大9,500万ドルの契約
B&T USAがインディアナ州レイク郡の保安官事務所向け『MP9 9mm SMG』の供給契約を獲得
米海軍海上戦闘センター・クレーン局(NSWC-CD)が特殊部隊スナイパー用スコープ『AP-VPS』の情報提供を呼び掛け
ウクライナRoboneersの無人陸上戦闘車輌『Zhook』
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米税関・国境警備局がグロック47をはじめ第5世代グロック3機種を採用 (2019-04-19 20:12)
 米陸軍 6.8mm口径の次世代分隊火器(NGSW)を2021年秋から実地試験開始 (2019-04-16 19:10)
 USSOCOMが新型戦闘ヘルメット(FTHS)に『Ops-Core FAST SF』を購入。最大9,500万ドルの契約 (2019-04-15 16:48)
 B&T USAがインディアナ州レイク郡の保安官事務所向け『MP9 9mm SMG』の供給契約を獲得 (2019-04-10 13:30)
 米海軍海上戦闘センター・クレーン局(NSWC-CD)が特殊部隊スナイパー用スコープ『AP-VPS』の情報提供を呼び掛け (2019-04-10 12:49)
 ウクライナRoboneersの無人陸上戦闘車輌『Zhook』 (2019-04-09 19:42)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop