NEWS

米軍特殊部隊員が「ジェットパック」で空を飛ぶ日がくるかもしれない

海外軍事 Comments(0)
垂直離陸・着陸を自由に行える個人用飛行デバイス(Individual Lift Device……ILD)の研究は戦後盛んに行われてきたが、未だ実用的なものは出てきていない。しかし米軍特殊部隊司令部SOCOMはこの未来のガジェットに注目、民間企業と共同で開発を進めているという。

関連記事:
アリゾナ州立大学、兵士が速く走るためのジェット・パックを研究
カリフォルニア州に拠点を置くJetPack Aviation社は、個人が背負って飛行する「ジェットパック」を開発している。その進歩はめざましく、社長のメイマン氏は2015年に、ジェットパックを使用した飛行計画としては歴史上初めて連邦飛行局からの許可を取得し、同社のJB-9ジェットパックで自由の女神像の周りを飛行した。

World's only JetPack flies in New York - YouTube

そして、2016年にSOCOMと共同開発で合意。以来、ジェットパック本体やその訓練プログラムを開発している。

これまでのジェットパックの飛行時間が数十秒単位であったところ、現在開発中のものは最高速度時速200マイル(約320キロメートル)、飛行時間約10分まで性能が向上した。また燃料も入手性のよいケロシンが使用できるようになった。

目下の技術的課題は性能の向上はもちろんだが、現在の軍用車両に搭載・運搬できる重量・サイズに収めることであるという。また万が一の故障に備えた、軽量小型の緊急脱出システムも欠かすことができない。比較的低速・低空での脱出が考えられるため、高速に展開するパラシュートやエアバッグなどの使用が検討されている。

なお、この「特殊部隊用」ジェットパックについては購入後のトレースが困難で悪用されかねないことから、軍/警察向けのみの販売になる予定になるという。

Source: The age of true jetpack flight is near, and Special Operations Command wants in on it - News - Stripes

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201902
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米税関・国境警備局がグロック47をはじめ第5世代グロック3機種を採用
米陸軍 6.8mm口径の次世代分隊火器(NGSW)を2021年秋から実地試験開始
USSOCOMが新型戦闘ヘルメット(FTHS)に『Ops-Core FAST SF』を購入。最大9,500万ドルの契約
B&T USAがインディアナ州レイク郡の保安官事務所向け『MP9 9mm SMG』の供給契約を獲得
米海軍海上戦闘センター・クレーン局(NSWC-CD)が特殊部隊スナイパー用スコープ『AP-VPS』の情報提供を呼び掛け
ウクライナRoboneersの無人陸上戦闘車輌『Zhook』
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米税関・国境警備局がグロック47をはじめ第5世代グロック3機種を採用 (2019-04-19 20:12)
 米陸軍 6.8mm口径の次世代分隊火器(NGSW)を2021年秋から実地試験開始 (2019-04-16 19:10)
 USSOCOMが新型戦闘ヘルメット(FTHS)に『Ops-Core FAST SF』を購入。最大9,500万ドルの契約 (2019-04-15 16:48)
 B&T USAがインディアナ州レイク郡の保安官事務所向け『MP9 9mm SMG』の供給契約を獲得 (2019-04-10 13:30)
 米海軍海上戦闘センター・クレーン局(NSWC-CD)が特殊部隊スナイパー用スコープ『AP-VPS』の情報提供を呼び掛け (2019-04-10 12:49)
 ウクライナRoboneersの無人陸上戦闘車輌『Zhook』 (2019-04-09 19:42)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop