フランスのサイバーガン社が国防省向けエアソフト製品の入札案件で完全勝利を宣言

海外軍事 エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
フランスのサイバーガン社が国防省向けエアソフト製品の入札案件で完全勝利を宣言
Photo from Armée de Terre
This photo is for illustrative purposes only.
フランス大手エアソフト関連企業のサイバーガン社(Cybergun, S.A.)が、国防省によるエアソフト購入を求めた公開入札案件において、完全勝利を収めたことを宣言した。

関連記事:
フランス国防省が7,800挺近いエアソフトの購入を求めた公開入札情報を発出
対象となった製品は、Glock 17をはじめ、Pamas(=ベレッタのライセンスピストル)、FAMAS F1、MINIMIといったエアソフトならびにその付属品・消耗品となり、サイバーガンによると、「この契約を統合することにより、当初額は200万ユーロと見積もられ、当社は既に軍向け装備の受注で400万ユーロ近くを生み出している」「総額200万ユーロを超える別契約についても協議中」とし、計600万ユーロ(=約7.5億円)の大型受注になると示している。

フランスのサイバーガン社が国防省向けエアソフト製品の入札案件で完全勝利を宣言
Screenshot from Google Finance
吉報は発表と同時に投資家の関心を引き寄せ上昇、ここ数日で最高値を示した。

国防省向け大型受注についてヒューゴ・ブルジェレ(Hugo Brugiere)副社長兼GMは、「今回の大勝利を導いたエマヌエル・マウリン (Emmanuel Maurin) 氏と彼のチームを祝福したい」「これはまた部隊訓練市場を掌握するという当社の戦略と、保有するライセンス力を証明するものでもある」と述べている。

一方で勝利の立役者として名指しされたマウリン氏は「この市場での勝利は、2年近くの集中的な努力と強力な投資による集大成だ」「2017年の国家警察、2018年の国家憲兵隊に続いて今回、国防省が我々自身とエアソフト製品に信頼を寄せたのだ」と語っている。

関連記事:
フランス大手エアソフト関連企業『サイバーガン』が内務省認可を取得し「実銃製造」事業者へ。株価が高騰
Cybergun、フランス政府に Glock レプリカの納入契約。資本増強で軍・法執行機関市場に本格参入へ

Source: Cybergun Sa : 100% DE RÉUSSITE AUX APPELS D’OFFRES POUR L’ÉQUIPEMENT DU MINISTÈRE DES ARMÉES

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
USマーシャルの特殊作戦グループがSTI社のハイキャパシティオートを制式拳銃に採用
米シークレットサービスが第5世代グロック19を新たに制式拳銃として採用
米空軍が戦闘機パイロットの前立腺ガン罹患率を調査
僅か50ミリ秒で獲物の動きに反応して95%の確率で狩りを成功させる『トンボ』から学ぶ新型ミサイルの研究
ハイスピードギア社がH&K社の分隊選抜射手小銃(SDMR)契約の一環で「TACO」ポーチ×3万個を供給
米国防総省が非殺傷兵器としてレーザー光で生成する「しゃべる人魂」を開発中
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 USマーシャルの特殊作戦グループがSTI社のハイキャパシティオートを制式拳銃に採用 (2019-08-20 11:00)
 米シークレットサービスが第5世代グロック19を新たに制式拳銃として採用 (2019-08-09 12:34)
 米空軍が戦闘機パイロットの前立腺ガン罹患率を調査 (2019-08-08 14:59)
 僅か50ミリ秒で獲物の動きに反応して95%の確率で狩りを成功させる『トンボ』から学ぶ新型ミサイルの研究 (2019-08-08 14:41)
 ハイスピードギア社がH&K社の分隊選抜射手小銃(SDMR)契約の一環で「TACO」ポーチ×3万個を供給 (2019-08-06 17:34)
 米国防総省が非殺傷兵器としてレーザー光で生成する「しゃべる人魂」を開発中 (2019-08-05 19:15)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop